Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

蔵書整理 3

平野啓一郎『滴り落ちる時計たちの波紋』の収録作を「初七日」まで読みました。

硬めの文章なのでそんなにサクサクとは読めなかったです。ただ、正確な書き方として参考にはなります。平野先生はデビューしたときに「三島由紀夫の再来」といわれましたが、系統は確かに同じだと思います。

収録作のうち「最後の変身」とか「バベルのコンピューター」が本当の目玉なんでしょうけどね。そこまで読めてません。
また気が向いたときに残りの作品を読むかも。

滴り落ちる時計たちの波紋 (文春文庫)

滴り落ちる時計たちの波紋 (文春文庫)