Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

中文244


关于《左传》的史学地位在维基百科中引用:

晋人王接说:“《左氏》辞义赡富,自是一家书,不主为经发。”

《左传》代表了先秦史学的最高成就,贺循将其评价为“左氏之传,史之极也,文采若云月,高深若山海”,是研究先秦历史和春秋时期历史的重要文献,对后世的史学产生了很大影响,特别是对确立编年体史书的地位起了很大作用。

而且由于它具有强烈的儒家思想倾向,强调等级秩序与宗法伦理,重视长幼尊卑之别,同时也表现出“民本”思想,因此也是研究先秦儒家思想的重要史料。

春秋左氏伝の史学上の地位についてWikipediaから引用する。

晋の時代の王接は「春秋左氏伝は内容が豊富で、独立した書物であり、大部分は春秋の注釈(伝)ではない」と考えた。

左伝は先秦時代における最高の史学的達成である。同じく晋の時代の賀循は「左伝は歴史書の極北だ。文章は白雲や月のように平明で、内容は山のように高く海のように深い」と評した。
先秦時代・春秋時代の歴史を研究するには、左伝が重要な文献となる。後世の史学に与えた影響は大きい。特に編年体の歴史書の地位は左伝によって確立した。

また左伝の思想にははっきりと儒教的傾向があるため、地位や秩序、血族内の規律や先祖の供養を強調し、年齢や身分による上下の区別を重視している。しかし同時に「民本」の思想も表れている。このため先秦時代の儒教思想を研究するときの重要史料にもなる。

※意訳した箇所、自信のない箇所も多々あります。


我的汉语学习方法是第一改写放送大学的课本,第二翻译在网站上的中文。只有那些。
对我是否可以做正确的中文,我简直没有信心。所以,如果同好们阅读我的博客,那符合我的志愿。找出语法错误的时候,请在注解栏上随意指明。

私の中国語の勉強法は、第一に放送大学の教科書を改変して作文すること。第二に中国語のWebサイトを訳すこと。これだけです。
自分の中国語が本当に正しいかどうか、まったくもって確信がありません。よって、同好の士にブログを見てもらえるのは望ましいことです。文法的な間違いがあったら気軽にコメント欄で指摘してください。