Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

中文225


在维基百科中有下列的记述。

人权(基本人权、自然权利及人类基本权利)指“个人或群体因作为人类,而应享有的权利”。
人权的许多价值以强化人的能动性并以普世(或曰普适)原则要求所有人应享有此天赋权利。
人权是所有人与生俱有之权利,它不分种族、性别、国籍、族裔、语言、宗教或任何其他身份地位。人权要求“把人当人”,是人的哲学。
人权包括生命和自由之权利,不受奴役和酷刑之权利,意见和言论自由之权利,获得工作和教育之权利以及其他更多权利。
人人有权不受歧视享受这些权利。人权是最核心之自然权利,没有人权,就没有自由、平等、民主、宪政和博爱。
鉴于人类中资源有限的个体实力不足以防止自身的平等权受到侵犯,甚至被迫放弃这一权利,故而与人权相关联的集体有代为捍卫该集体之外的个体之平等权利的义务。
任何集体也享有代为捍卫该集体之内的个体之平等权利的集体权利,但是集体权利不属于人权,更不被允许作为用于限制人权的手段。
国际人权法规定各国政府之义务,规定政府采取行动之特定方式或应避免之特定行为,以促进和保护人权及个人或团体之基本自由。

※引用に当たって適宜改行した。

Wikipediaには次のような記述がある。

人権(基本的人権自然権、人類の基本的権利などともいう)とは、個人あるいは集団が人類であることを理由に持つべき権利である。
人権には数多の価値がある。人間の能動性を強化するし、また普遍的な原則にもなる。人権という概念はあらゆる人がこの天賦の権利を持つことを求める。
人権とはあらゆる人が生まれながらに持つ権利であり、人種、性別、国籍、家柄、言語、宗教その他のいかなる身分や地位によっても分け隔てがない。人権は「人を人とみなす」ことを求める。これは人間についての哲学である。
人権には以下のものも含まれる。生存と自由の権利、奴隷扱いや残酷な刑罰を受けない権利、意見や言論の自由、仕事を持つ権利に教育を受ける権利、その他さらに多くの権利。
人々は差別を受けることなくこれらの権利を享受することができる。人権は自然権の核心であり、人権がなければ自由も、平等も、民主主義も、憲政も、博愛もない。
有限な個人の力では平等権の侵犯を十分に防ぐことができず、ひいては権利を放棄するよう迫られることすらある。よって、人権に関する団体が、団体の外にいる個人の平等権を代わりに守る義務がある。これは当然のことである。
すべての団体は団体内にいる個人の平等権を代わりに守る集団的権利も持っている。しかし集団的権利は人権には属さない。また、人権を制限する手段として集団的権利を用いることは許されない。
国際人権法は各国政府の義務や行動のあり方、避けるべき行動を規定している。これによって人権を、そして個人・団体の基本的自由を、促進し保護している。