Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

自分用メモ46 埋めずに済めばいいが


自分用なので説明調ではなくサクッと書きます。

今年は「空虚を埋めない」ことについて考えていきたいと思います。

とあるYouTuberが「頑張るのは自分の中の空白を埋めたいからだと気づいた。だから何もせずに『埋めないままの自分』を肯定できないかと実験した」と言っていて、あまりにも私の心に刺さりすぎてしまいました。

思えば私が何かを頑張る理由もまさに「自分の中が空虚だから」でした。頑張った結果として他人からの評価を受けることで、何とか埋めようとしていたのです。
極端に言えば、他人をすべて「自分の空白を埋める道具」としか見ていなかったのでしょう。しかし、そんな人間が何にどう打ち込んだって他人は寄ってこないし、孤独な状態が続くだけでした。そしてその孤独を紛らすためにまた何かを頑張って、頑張るほど人が離れていって……というループに陥っていました。

何とか埋めずに生きることはできないのだろうか。
いきなり実践するのはハードルが高いと感じるので、「埋めないこと」について考えてみようと思います。考えるだけです。それがぼんやりとした今年の抱負です。

その他、技術面でやりたいことは色々あります。こっちは挙げたらキリがなくなります。とりあえず長歌漢詩を作ってみたいとは思っています。