Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

Composition 137


※読んだ本を自分なりにメモしたものです。ひと続きの文章ではありません。


The definition of risk is an uncertainty that affects a company's profit and loss.
 リスクとは「企業の損益に影響を与える不確実性」と定義される。

Risk management has increased its importance because of two reasons. First, risks have become more diversified than in the past because of globalization. Second, no company cannot exist unless it fulfills its accountability nowadays.
 なぜ企業のリスク管理が重要になったかというと、理由は2つある。1つはグローバル化によってリスクが多様化していること。もう1つは、企業が社会に対して説明責任を果たさねば存続できない時代になったことである。

Risk is classed as 'risk to take' and 'risk to control.' The former inevitably occurs due to decision-making. Sometimes a company has to take this type of risk to find a business opportunity. The latter occurs in association with carrying on everyday business. A company doesn't have to take it and should control it.
 リスクはテイクリスクとコントロールリスクに分かれる。テイクリスクは意思決定によって必ず生まれるものである。事業機会を得るためにはテイクリスクをあえて保有しなければならない場合もある。コントロールリスクは事業遂行上の様々なリスクである。あえて保有する必要はなく、管理されるべきものだ。
→私が読んだ文献では「テイクリスク」「コントロールリスク」という言い方になっていたのだが、元の英語表現が分からない。とりあえず to 不定詞を使って書いた。

Managers need to visualize a company's risks for two reasons. First, it is hard for employees to grasp a risk that hasn't been tangible yet. Second, it is hard for employees to understand the significance of keeping a risk from being tangible.
 経営者はリスクを見える化しておく必要がある。顕在化していないリスクは従業員に把握されにくく、またリスクを顕在化させないための取り組みも意義を理解されにくいからだ。

Managers need to set two targets of risk management. The two are a target of result and a target of activity.
 リスク管理には2種類の目標が必要だ。結果目標と行動目標が必要である。

When you fulfill the two conditions as following, you succeed in your risk management. First, you make a system that keeps all risks intangible. Second, you discover a business challenge that you cannot see from a manager's viewpoint.
 リスク管理の成功とは、リスクが顕在化しない仕組みを作ることと、経営者の視点だけでは見えなかった課題を見つけることである。


【雑感】
ちょっとマーケティングの勉強をしています。ただ単にお金を儲けたいというレベルを超えて、自分の人格に欠けている要素だと思うからです。