Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

中文174

九千九百一十一天后,我死。
9911日後、私は死ぬ。

“可是九千九百一十一这数是素数吗?”
“不。这个数有三个素因数,十一,十七,五十三。”
「ところで9911という数は素数ですか?」
「いいえ、3つの素因数を持っています。11、17、53です」

一百二十三天后,我的理想止,到那时候我想产生出什么作品。
123日後に私の夢は終わる。それまでに何らかのアウトプットをしたい。

彩霞看见春明走来,高兴得又蹦又跳。
かすみは春明が歩いてくるのを見て、喜んで跳んだりはねたりした。

这咖啡又温又难吃。
このコーヒーはぬるい上にまずい。

弥兰又不能使用难的字句又他的文章很单调。
ミリンダは難しい言葉を使えない上に、単調な文章しか書けない。

国际足球联盟每四个年开一次世界杯。
FIFAは四年に一回ワールドカップを開く。

听说位神每千个年一次下来地上。
神は千年に一度、地上に降りるのだという。
→「一次」の位置はこれでいいのかな。

冱冬堆了一书桌资料。
冴冬は机いっぱいに資料を積み上げた。

大根老师不小心撒了一只箱子馒头。
大根先生はうっかり箱いっぱいの饅頭をぶちまけてしまった。

弥兰喝光了一瓶气泡酒。
ミリンダは瓶いっぱいのスパークリングワインを飲み干した。