Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

Composition 132 プロ倫など


The developer plans to demolish my parent's house, which has been vacant, and put up a new one.

業者は空き家となっている私の実家を解体し、新しい家を建てるつもりだ。


Looking at my home cooking, he said deliberately, 'what a feast!' which was malicious.

私の手料理を見て、彼はわざと「すごいご馳走だなあ!」と言った。そこには悪意が込められていた。


Indeed I have a fault, but it is not that I cannot make an effort. Whether I'm more diligent than others or not, I can continue my endeavor. It is a fact. What is problematic truly is crying on someone's shoulder when I work hard.

努力ができないことが問題なのではない。他人より勤勉かどうかはともかく、努力の継続自体は私にもできているはずだ。そうではなくて、努力に伴って他人に愚痴を吐いてしまうことが問題なのだ。


以下、ちょっとだけプロ倫を読みます。

Among those of undoubted importance are the rational structures of law and of administration.

(資本主義が社会のどの部分から生まれるのかを問わねばならない、という話の後)
法と管理の合理的な構造は、社会の各部分の中で疑いなく重要である。

For modern rational capitalism has a need, not only of the technical means of production, but of a calculable legal system and of administration in terms of formal rules.

近代の合理的な資本主義は、生産の技術的な手段だけでなく、整備された法体系や、固い規則による管理をも必要とする。

Without it adventurous and speculative trading capitalism and all sorts of politically determined capitalism are possible, but no rational enterprise under individual initiative, with fixed capital and certainty of calculations.

それなしでも冒険的で投機的な交易による資本主義、あるいは政治主導のあらゆる種類の資本主義は可能だ。しかし、個人が主導して、安定した資本があり、活動が確実に計算できる企業というものは(法や管理の合理性がなければ)あり得ない。