Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 129 推薦状のような何か


XX様

 秋冷の候、貴学におかれましてはますますご清栄のことと存じます。日ごろは並々ならぬご厚情にあずかり深く感謝いたしております。

Dear Mr. XX,

How are you doing these days? I trust you are prosperous as formerly. I appreciate this chance I can get in touch with you again.

 さて、今日はとある教え子を推薦するため、この書状をしたためております。
In this document, I introduce one of my students to you.

 教え子の美点は2つあります。
 1つ目は大人の話を鵜呑みにしないと言うことです。自分の頭で考える姿勢を持っています。
The student has two virtues.
First, He can think right or wrong by himself. He never accepts what adults say without questioning.

 ある日、私はこう言いました。「ネットの情報なんてしょせん無料で発信しているものが多いし、発信者には何の責任もない。だから質の悪い情報が多い。それに比べると、教科書は偉い先生たちが束になって作っているし、社会的責任もあるし、ちゃんとお金を取れるクオリティにしてあるし、内容は信頼できるよ」。
One day I told him, "There is so much garbage on the internet. In most cases, you can get such information for no charge, but writers don't bear responsibility for whether the information they send is true or false. On the other hand, a textbook used at school is the product that a group of authorities supervises. They take on social responsibility, and the quality of the textbook deserves sale for a fee. I think you can believe their contents."

 すると彼はこう答えました。「そんなことは関係ない。どんな本も使い手次第だ」。
Then, he answered as follows, "What you say is not everything. Whatever good book it is, it's just a paper bundle unless a reader uses it efficiently."

 私は思わず唸りました。自分がただ教科書を盲信するだけの権威主義者であった、という事実を突きつけられたようです。私が高校生のころには、親や教師の言うことを疑わなかったし、ここまで自分の頭でものを考えられませんでした。
His response made me admire him. I felt confronted with the fact that I had been just an authoritarian who put my blind faith in the textbooks. When I was a high school student, I could not call what my parents and teachers said into question, nor think by myself as him.

 もちろん再反論ができないわけではありません。「じゃあきみは自分が『優れた使い手』だと思うのか?」とか、「科学の対照実験のように、同じ人が無料の情報で学んだ場合と有料の情報で学んだ場合とを比較すると、どちらが本人のためになると思う? それでも差がないと思うのか?」などという理屈を思いつきましたが、言わずにおくことにしました。それは私の狭量な心からひねり出された苦し紛れの詭弁であり、口に出したらきっとバチが当たっていたことでしょう。
Of course, I could offer a counterargument in several ways. For example, I could ask him, "Well, can YOU read the textbooks well or not?" or "Assume that you compare two cases like scientific control experiment. In the first one, someone studies referring only to charge-free information. Second, the same person studies referring only to paid information. Which is beneficial to the person? Is there no difference between the two cases truly?" However, I didn't utter these questions. They must have been just sophistries my intolerance hammered out desperately. If I expressed them, I must have incurred the retribution.

 彼のもう1つの美点は、広い国際的視野です。彼は片方の親が外国の出身であるため、日本を相対化する視点を持っています。
His second merit is a broad international perspective. One of his parents is from out of Japan, so he has a point of view to grasp this country in a relativistic way.

 勉強を教える仕事をしていると、やはり教育制度について思うところの1つや2つは出てきます。それで指導中についつい「日本の教育はここを変えたほうがいいんじゃないか」などという話をしてしまうのですが、彼はその話を批判的に捉えることができます。親の母国に比べると日本は物質的に豊かで教育制度も整っているため、「日本の教育は十分じゃないか。世界にはまだまだきちんとした教育を受けられない国があるのに」と感じているようです。彼の態度を見て、自分は狭い視野で判断して自国批判をしていたんだな、と我が身に恥じ入りました。
Nowadays, I subsist on teaching how to study and have come to think about the education system seriously. Therefore, I often blurt out that the Japanese education system should be reformed in some respects, and so on. However, he can accept my story critically. He knows Japan is much affluent materially and has a more well-ordered education system than one parent's mother country. He appears to think, "The Japanese education functions adequately. In the world, there are so many countries that people cannot access enough education." His attitude made me feel ashamed. I realized I had attacked my own country with a narrow mind.

 もっとも、彼も似たような間違いを犯しているかもしれません。彼は名古屋以外の日本の都市を知らず、「名古屋には何にもない」としょっちゅう愚痴っています。大方、ネットでそう言われていたのに影響されたのでしょう。私などは郊外にも山村にも住んだことがありますから、「日本にはここ以上の田舎がいくらでもあるんだよ。名古屋に何もないなんて言ってはいけない。魅力度が低いとか言っている奴らは放っておきなさい」と小言を呈したくなるのですが…しかし、そんなことを言っても老害の説教かただの揚げ足取りと思われるだけでしょうか…。
By the way, he might make the same mistake as me. He doesn't know any Japanese cities except Nagoya and frequently grumbles, "Nagoya is the middle of nowhere!" I guess he is influenced by the aspersions on Nagoya on the internet. When I hear his complaint, I always want to scold him, "Hey, boy. There are any numbers of countrysides more rustic than Nagoya in Japan. Don't say this city has nothing. Disregard those who say Nagoya has no magnetism. " I have lived in a suburb and a mountain village, so I know Nagoya is a satisfyingly developed city. However, it may be an annoying lecture by an old man or just a faultfinding for him.

 話を戻しましょう。上記のように、彼は自分で判断して学ぶ力と、今世紀を生き抜くのに欠かせない国際的な視野を備えています。貴学の気風にも必ず適合することと信じて、ここに彼を推薦します。
Let's go back to the main subject. As I mentioned above, he has two virtues; learning ability with judgment by himself and the international perspective indispensable to live through this century. I'm confident he matches the character of your university and recommend him to you.

敬具
Sincerely yours,

Milinda.

※リーダビリティ・スコアは66。アプリ曰く13~14歳で読める英文。


【雑感】
 英語で手紙を書いたことはないので、おかしな表現をしてしまっているかもしれません。精進する所存です。

 モデルになった教え子はいますが、内容はフィクションです。念のため。

 この文章には皮肉も含まれています。しかし、できるだけ真剣に良いところを探そうとしたことも本当です。
 自分と違う意見の人間に出会ったとき、否定するのは簡単ですが、その言い分に「自分にはない良いところ」がないかどうか考えてみることも大切だと思います。たとえこちらが教える立場だったとしても、です。

 人と人の関係は常に愛憎相半ばするものです。実の親子ですらそうなのですから、私のような未熟者だと、教え子に愛情だけで接することはとてもできません。
 しかし、愛する余地がないかと探す努力は必要だと考えています。

 まあ、これは狭く深く人とつき合う立場だから言えることなのかもしれません。他の職種だと、「合わない人を早めに切る」ということも精神衛生上必要なのかもしれませんね。