Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 114 プロ倫


最近あまり英語の練習ができていません。1日の限られた時間の中で練習をするにはどうすればいいのか。試行錯誤しています。
These days I have not practiced English enough. How should I do to train up in a limited time a day? I'm racking my brain to answer the question.

とりあえず今回は3センテンスだけプロ倫を訳すことにしてみます。
In this article, I try to translate only three sentences cited from The Protestant Ethic and the Spirit of Capitalism.

いままでは「一度にまとまった量を訳さなければ練習にならない」と考えていました。自分に負荷をかけて英語力を伸ばしたいならば、確かにそれが正解でしょう。
Formerly I was convinced that I had to translate a number of sentences at a time or else my English skill wouldn't advance. It is not wrong. If my purpose is loading on myself and improving my English, I have to train hard.

しかし、時間がない中で何とか英語力を「維持する」ことを目的にするならば、もっと軽い練習でいいのかもしれない。そう気づいたので、1日に少しずつプロ倫を訳していったらどうなるのか試してみます。
However, I noticed that just a light exercise might be adequate if my purpose is managing to keep my English ability in a limited time. So I try to verify this hypothesis.

まあ、外国語がやりたければ詰将棋をやめるべきなんですがね、はっはっは。
By the way, I know I should stop solving and creating Tsume problems if I want to learn a foreign language, ha-ha.


(以下はプロ倫の訳)

And just as, or rather because, the world has known no rational organization of labour outside the modern Occident, it has no rational socialism.

(自由労働は西洋にしか見られず、それが資本主義の発達に大きな役割を果たした、という話の後に)合理的な労働組織は近代の西洋でしか見られず、それと同じように、あるいはそれゆえにこそ、合理的な社会主義も近代西洋にしかない。

Of course, there has been civic economy, a civic food-supply policy, mercantilism and welfare policies of princes, rationing, regulation of economic life, protectionism, and laissez-faire theories (as in China).

もちろん、西洋以外の場所にも市民の経済があり、食糧供給政策、領主による重商主義と福祉政策、配給、経済生活についての取り決め、保護主義、それにレッセ・フェールの原則(中国でのように) があった。

The world has also known socialistic and communistic experiments of various sorts: family, religious, or military communism, State socialism (in Egypt), monopolistic cartels, and consumers' organizations.

また、社会主義的・共産主義的なさまざまな実験は世界中で見られる。家族的、宗教的、軍事的な共産主義があった。国家社会主義(例えばエジプトで)があり、独占的な企業連合があり、消費者による組織もあった。


いかにも「しかし〜」と続きそうな箇所ですが、また次回。