Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

中文144


在我的人生只有九千九百四十一天。
私の人生は9941日しか残されていない。

做出了五道题的同学请举手。
5問解けた生徒は手を挙げてください。

长出来的荒草请消除。
生えてきた雑草は刈り取ってください。

想出来的主意请记下。
思いついたアイデアは書き留めてください。

走得太快了。走出一身汗来。
走るのが速すぎるよ。全身に汗をかいてるじゃないか。

买得太多习题册了。以前买的一本你还没完出。
きみは問題集を買いすぎだよ。この前に買ったのもまだ終わってないじゃないか。
→「完出」というのが自然な表現なのかは不明。

这是我们会刊《连连伞》。标题的由来不说了。说来话长啊。
これが私たちの部誌『連々傘』だ。タイトルの由来を話すのはやめておこう。話せば長くなるからなぁ。

看来我是年纪大了。
わしも老いたようじゃ。

看来市场一百个衰败了。
見たところ商店街はすっかり寂れてしまった。

“看来你会放出波动拳。”
“是,昇龙拳也会放出。”
「見たところ、きみは波動拳が撃てるようだ」
「はい。昇竜拳もできますよ」

仁的话听来有点儿意思。
仁の話はどうも面白そうだ。

弥兰的话听来很错乱。
話を聞いた感じでは、ミリンダはかなり錯乱しているようだ。

他认为自己没有希望进出甲子园。
彼は自分には甲子園に出る望みがないと思っている。

卯月认为木叶没有希望和春明交往。
卯月は、木葉には春明とつき合う望みがないと思っている。

千纱说了:“咱们还有办法赶上这个截止日期呀!”
千紗は言った。「私たちには、この締め切りに間に合わせる方法がまだあるわ!」