Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

中文133


九千九百五十二天后,我必死。到最终天我想开发完自己的可能性。那是我独一的愿望。
9952日後、きっと私は死んでいるだろう。最後の日までに自分の可能性を出し尽くしたい。それだけが私の望みだ。

我爱度《房间号码1301》,其中有一段我可喜欢了。
私は『ROOM NO.1301』を愛読していて、その中のとあるくだりが本当に好きなんだ。

还行,彩霞是挺照顾人。
どうしてなかなか、かすみも面倒見がいい。

车上有座你就坐着,人多你就站着。
空いている席があれば座っていなさい、人が多ければ立っていなさい。

小濑老师叫春明和木叶:“每天都背短歌到累坏。而且累坏以后,在那一天别再练习。
小瀬先生は春明と木葉に言った。「毎日、疲れきるまで短歌を覚えなさい。そして、疲れたらその日の練習はもう終わりにしなさい」

天堂镜子有一个女儿上学积翠高校。她是天堂景。
天堂鏡子には積翠高校に通う娘がいる。それが天堂景である。

伊达春明有一个姐姐任职学生会副会长。她是伊达卯月。
伊達春明には生徒会の副会長を務める姉がいる。それが伊達卯月である。

我没有茶喝了。
飲むお茶がなくなった。

你没有面包吃了吗? 你吃点心,就好了。
食べるパンがなくなりましたか? お菓子を食べればいいのですよ。

嘿,你看我肌肉怎么样?
ねえ、俺の筋肉はどう思う?

彩霞和仁正在商量星期天到哪儿约春明去玩儿。
かすみと仁は、週末に春明をどこに誘うか今まさに相談しているところだ。

彩霞说了:“我想我们还是去一趟吧。”
かすみは言った。「やっぱり私たちは一度、一緒に出かけるのがいいと思うんだよな