Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 108 目的と目標


久しぶりに完全自作の英文です。生徒への宿題も兼ねて書きました。
書き始めたら予定より長くなってしまいました(笑)。下のほうにスクロールすれば日本語文もあります。

I have encouraged you to set your target. However, my thought is recently changing a little. Concretely, I noticed the two things as follows;

1. A target may not always be necessary.
2. A purpose may be more important than a target.

I explain the difference between a target and a purpose later, so be looking forward to it. To begin with, I tell you about the 1.
I practice the Chinese language every day. It has not been broken off for more than four months.
My former self cannot do such a thing. I have been a person with no perseverance. I could continue any hobbies for a long time and have no experience in training something every day. However, now I can hang on to the practicing Chinese.
What makes me able to do it? A precise target? No, it's not. I have not aimed at any targets for learning Chinese. When I started my study, I was not interested in Chuken, the domestic verification of capability for using Chinese. Furthermore, I did not know even HSK, the international license authorized by the China Government, exists in this world.
Amazingly, my work has continued without any target. My self-analysis even concludes having no target is rather than a success factor of it. If I set a license as my target, efforts for a test must have pained me, and finally, I must quit my endeavor.
Why in the world could I stand firm without any target? Is this possible? Then, I explain the 2. next.
In short, I can continue training for Chinese because my purpose is obvious. Though I don't have any target, I have a determined purpose.
How does a purpose differ from a target? If I give it my best answer, a purpose is what you want to do. In other words, the image of the person you want to become, or what makes your emotion rise. In contrast, a target is a landmark on the route to your purpose.
I stress that what matters in your life essentially is not a target but a purpose. Setting a target is just a method to accomplish your purpose.
I get back to the topic of my experience. My purpose in learning Chinese is to be more able to understand Kanbun, namely, Classical Chinese. Besides, my purpose in understanding Kanbun is to make progress in the Japanese language, particularly Japanese writing. After all, my real reason I study Chinese is to be more able to write my native language, Japanese. It is my purpose.
Speaking Chinese is not my purpose, and there is no immediate need to use Chinese in my business. Therefore I didn't have to aim for Chuken nor HSK.
If I wish to talk with native Chinese speakers or master this language to increase my revenue, those tests become good my target. That is to say; I can utilize study for tests as a measure or signpost to reach my purpose. However, It doesn't apply to my case.
Thus I'm conscious of my own purpose, so I have been saved from the anxiety, "I have to clarify my target!" I can act only for my purpose, keeping my attitude matter-of-fact.

Put yourself in this story. Of course, students' mission is studying. When you try to study, which are you directed to, a purpose or a target?
It is a purpose that is significant for your life course. Let's review the definition of purpose―what you want to do, the image of the person you want to be, and what makes your emotion rise.
Does your study relate to your future dream? What type of person do you want to be? Does your study help you become who you want to be? Does your study make your emotion rise? When you know what you haven't known, or when you can solve the problem you couldn't do formerly, does your heart vibrate? (My heart vibrates every day while I'm studying.)
On the other hand, review the definition of target, too. It is a guidepost on the path to your purpose. Generally speaking, targets of study are getting full marks on a test, passing the entrance exam of prestigious schools, etc. Working hard for such targets, you can exactly get some worthful experiences. If you don't have any target, think about how many points you want to score on the next test.
Nevertheless, you must not forget a target is just a tool, just a marker. However good your grade is, whatever school you can enter, it is not your real goal.
Can you grasp your purpose? Though the answer is, "No," you don't have to be in a hurry. Even step by step, please find out your purpose steadily.

※リーダビリティ・スコアは73。アプリ曰く12歳くらいから読める英文。


(日本語文)
 私はこれまで、みなさんに「目標を持ってほしい」と言ってきました。しかし、最近は少し考えが変わりつつあります。具体的に言うと、次の2つのことに気づいたのです。

1.目標は絶対に必要というわけじゃないのかも。
2.目標より目的が大事なのかも。

 目標と目的がどう違うかという説明は後のお楽しみに取っておくとして、まず1.についてお話しします。
 私は毎日、中国語を練習しています。もう4ヶ月以上、練習を休んだ日はありません。
 これは以前の私には考えられないことです。私はもともと何かをやり通すということができない人間でした。ずっと続いている趣味などありませんし、何かを毎日練習したこともありません。でも、中国語の練習は続いたのです。
 その理由は何なのでしょうか? 目標をきちんと持ったから? いいえ、そうではありません。私は中国語の学習に何の目標も持っていませんでした。中国語検定には興味がなかったし、HSKなんて存在すら知りませんでした。
 驚くことに、私の練習は目標なしに続いていたのです。むしろ、目標を持たないのがよかったのかもしれない、とすら思います。もし資格を目標にしていたら、試験のための勉強に辛さを感じて、努力をやめていたでしょう。
 いったい、どうして私は目標がなくても頑張れたのでしょうか? そんなことがあり得るのでしょうか? そこで、話は上記の2.に移ります。
 私が中国語の練習を続けられたのは、目的がはっきりしていたからです。確かに目標はありませんでした。でも目的はあったのです。
 では、目的と目標の違いは何でしょうか。私なりに言うと、目的はあなたがやりたいこと、あなたのなりたい人間像、あなたの感情を動かす何かです。目標はそれを実現する過程にある目印です。
 ここで重要なのは、あなたの人生にとって本当に意味があるのは目的のほうだということです。目標を定めることは、目的に至るための手段でしかありません。
 話を中国語の練習に戻します。私が中国語を学ぶ目的は、漢文をもっと理解するためでした。そして、漢文を理解する目的は、より日本語(の書き言葉)が上手くなるためでした。つまり私が中国語を学ぶ理由は、母国語である日本語をもっと上手く書きたいからです。それが私の目的です。
 私の目的は中国語を「話す」ことではありません。中国語を仕事で使うわけでもありません。だから中国語検定やHSKを目標にする必要はありませんでした。
 仮に中国語のネイティブスピーカーと会話したいとか、収入アップのために中国語が必要だとか考えていたのであれば、検定試験がよい目標になったでしょう。つまり、目的を達成するための手段として、道標として、検定の勉強を利用できたでしょう。しかし、私の場合はそうではないのです。
 このように自分の目的がはっきりしていたので、目標がなくても不安にならずにすみました。ただ淡々と、目的のために練習することができたのです。

 みなさんの身に置き換えて考えてみましょう。学生の仕事は勉強することです。しかし、あなたが勉強するとき、目的と目標のどちらに向かっているでしょうか。
 あなたの人生にとって本当に意味があるのは目的のほうです。目的の定義をここで繰り返しておくと、あなたがやりたいこと、あなたのなりたい人間像、あなたの感情を動かす何か、です。
 勉強をすることは、あなたが将来やりたいことにつながりますか? あなたはどんな人間になりたいですか? あなたのなりたい自分に、いま学んでいることは関係していますか? 勉強をすることはあなたの感情を動かしますか? 知らなかったことを知ったり、解けなかった問題が解けるようになったりすると、感動しますか? (私は毎日、勉強に感情を動かされています)
 一方、目標は目的に向かう道の途中の目印でした。勉強における目標とは、テストで100点を取ることや、偏差値の高い学校に進学することです。そうした目標に向かって努力することは、みなさんに貴重な経験をもたらすでしょう。目標がないという人は、次のテストで何点取りたいのかをぜひとも考えてください。
 しかし、それが過程に過ぎないということも忘れてはいけません。大事なのは目標より目的です。テストでどんな点を取っても、どんな試験に受かっても、それがゴールではないのです。
 あなたは自分の目的が分かっていますか? 分からないという方も、焦る必要はありません。一歩ずつでいいので、着実に目的を見つけていってください。