Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

中文108

我把这个人生只有九千九百七十七个日了。
私の人生の残りは9977日しかない。
→いままで「在我的人生」などと書いてきたのを把構文にしてみた。しかし把構文は「働きかける対象」を表すらしいので、この場合は使えないか?

那件事使木叶很生气。
木葉はそのことでとても腹を立てた。

你可以把这本漫画拿走哇。
この漫画を持って行ってもいいよ。

我把伞忘在车站里了。
私は駅に傘を忘れた。

由香里把马克笔忘在文艺部的房间里。
由香里は文芸部の部室にマーカーを忘れた。

“听说昨天木叶把月票丢了。”
“哦,还是她二愣子。”
「聞くところによると木葉は昨日、定期をなくしたそうだ」
「ああ、やっぱりドジっ娘だね」

姐姐把头发剪短了。
姉は髪を短く切った。

小濑老师把下课的时间拖延了一刻钟。
小瀬先生は授業が終わる時間を15分引き延ばした。

木叶得意洋洋地挺胸了:“这次我没把煨炖菜烧糊哇!”
木葉は誇らしそうに胸を張った。「今度はシチューを焦がさなかったよ!」

拿住! 别把生鸡蛋摔坏了。
しっかり持って! 生卵を落として持ってはいけませんよ。

抓住! 别把我的手放掉了。
しっかり掴んで! ぼくの手を離してはいけないよ。

彩霞笑得肚子疼。
かすみは笑ってお腹が痛くなった。

大家都吃得过多而且烧心了。
みんな食べ過ぎて胸焼けを起こした。

回家以后累得什么都不想做。
家に帰った後は疲れて何もしたくなくなった。
→そうか、補語に目的語(ここでは什么)がある時は補語の前に出すのか。

妈妈担心得一夜都没睡好。
母は心配で一晩中よく眠れなかった。

木叶担心得一天都发呆了。
木葉は心配で一日中ぼーっとしていた。