Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

Composition 94 またプロ倫


外国語→母国語の翻訳も意外と楽しかったので、もう少しやってみることにします。『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』英訳版を、前回の続きから訳していきます。

The Indian geometry had no rational proof; that was another product of the Greek intellect, also the creator of mechanics and physics. The Indian natural sciences, though well developed in observation, lacked the method of experiment, which was, apart from beginnings in antiquity, essentially a product of the Renaissance, as was the modern laboratory. Hence medicine, especially in India, though highly developed in empirical technique, lacked a biological and particularly a biochemical foundation. A rational chemistry has been absent from all areas of culture except the West.
The highly developed historical scholarship of China did not have the method of Thucydides; Machiavelli, it is true, had predecessors in India; but all Indian political thought was lacking in a systematic method comparable to that of Aristotle, and, indeed, in the procession of rational concepts.

(拙訳)
 インドの幾何学には「証明」という概念がなかった。証明は力学や物理学とともに、ギリシャの知的遺産である。インドの自然科学においては観察の手法がよく発達していたものの、「実験」は欠いていた。実験はギリシア・ローマ時代の初期にもあったが、本質的にはルネッサンスの産物だ。近代的な実験室と同じように。
 したがって医学は、特にインドで経験的な技術を高度に蓄積したけれども、生物学的な基礎づけ、とりわけ生化学的な基礎づけを欠いていた。合理的な化学は、西洋を除くすべての文化圏で見られなかったのだ。
 中国の歴史研究は本当に凄いのだが、トゥキディデス流のやり方を持たなかった*1。インドにはマキャヴェリの先達と呼べるような人が確かにいたのだが、アリストテレスほどの体系的な政治論は欠いていた、というか合理的な概念の連鎖によって体系化することを欠いていた。


【雑感】
引用文に異論がある方もおられるでしょう。何だこりゃ、ヨーロッパ中心主義の史観じゃないか、と。確かに、今日ではウェーバーが生きていたころよりも実証的な歴史研究が進んでいるでしょうから、彼の言っていることは古くなっているのかもしれません。
ただ、別にウェーバーが西洋中心主義者だったわけではないと思います。それどころか、自分が住んでいる社会を相対的に捉えるために「社会学」という学問をどんどん深掘りしていったのです。

話がまったく逸れてしまいますが、日本が近代化できた要因についても「○○の倫理と資本主義の精神」と呼ぶべきものがあるのだと思います。
ただ「○○」に当たるのが何なのか私は知りません。朱子学なのかもしれないし、武士道なのかもしれないし、商人道なのかもしれないし、他の何かなのかもしれません。
当然、私が思いつくようなことは他の人も思いつくでしょうから、いままでにたくさんの研究が積み重ねられているのでしょうが、ウェーバーのプロ倫のような「決定版」はあるのでしょうか。自分の力では学術書や論文を漁ることができないので(ぉぃ)ここで素朴な疑問だけ表明しておきます。

*1:歴史を中立的・批判的に捉えなかったの意か。