Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 89 古典和歌解読


小松英雄『古典和歌解読』
p1「本書で導かれる主な帰結」より

古今和歌集』は叙情詩としての和歌の確立であった。それは、『万葉集』の短歌の外形を継承して、言語の線条を仮名の線条に転換し、表現を重層化することによって達成された。短歌を和歌に変容させる誘因となったのは、平安初期に仮名の体系が形成されたことであった。ただし、その転換によって豊富な表現を盛り込むことが可能になった代償として、韻文の生命とも言うべきリズムを喪失し、また、短詩形に限定したことによって、三十一文字で表現しきれない剰余を、しばしば詞書に依存せざるをえなくなった。それらは、是非とも克服する必要のある重大な欠陥であった。

※注への誘導や傍線などは省略した。

In the history of Japanese literature, lyric poetry was established in Kokin Wakashu, compilated at the beginning of the 10th century. Those days' poets succeeded the verse of Manyoushu but converted it from the phonetic lineation to the literal one. That enabled them to reduplicate their expressions and portray their various emotions in Tanka. The mainstream of Tanka shifted to lyric poetry. It was the Japanese writing system with Kana invented by the early Heian period that occurred the change mentioned above.
However, the style of Kokin had two crucial defects. First, Tanka of this period lost the rhythm, which is the so-called soul of verse. Second, the poetic way was limited to Tanka. Choka, the long form of a poem, declined. The poets often had to add Kotobagaki, the foreword of Tanka, to explain their emotion, which could not be expressed in the thirty-one syllables. The following generations, such as the poets of the period when Shin Kokin Wakashu established, must have overcome those two faults.

※リーダビリティ・スコアは52。アプリ曰く15歳くらいから読める英文。

今回、特に感想はありません。現段階の自分の知識では「へぇ~」としか言えないので……(笑)

『古典和歌解読』の内容については以下の記事にまとめてあります。