Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 88 自作品(古今和歌集もあるよ)


いま書いている小説の一部を翻訳してみました。「日本語→英語→日本語」と移し変えたほうが、悪いところを見つけやすい気がするからです。

過去の記事にもあったように、ジャンルはラノベ・学園・ラブコメです。
短歌はいつも通りに音節数を「3・4・3・4・4」にして無理やり訳していますが、登場人物によって解釈が分かれる場面まではさすがに訳せませんでした。ダブルミーニングはすべて日本語表記が(特に、漢字をひらがなで表記することが)前提となってしまいますので…。

リーダビリティ・スコアは75でした。アプリ曰く12歳くらいから読める英文だそうです。

 山の端に太陽が沈んでいくところだった。
 この辺り一帯は昔から「群青ぐじょう」と呼ばれている。しかし、いまの風景は群青色からほど遠い。草も、木も、家も、人も、線路も、道路も、川も、山も、空も――すべては夕陽に染められ、真っ赤に燃えていた。

The sun was setting on the edge of the mountain.
The whole district has been called Gujo since long ago, which also can be read Gunjo. If you pronounce it Gunjo, it means the color of ultramarine in Japanese.
However, everything was far from blue at this moment. The evening sun was shining on glass, woods, a running river, mountain ranges, the sky, etc. All of them were dyed crimson and looked like burning.

 半開きの窓から心地よい風が流れ込み、分厚い文庫本のページを揺らした。表紙には縦書きで『古今和歌集』と印刷されている。
 そこは積翠高校の教室だった。窓際で二つの机がくっつけられ、三つの人影が周りを囲むようにして椅子に座っている。

A gentle breeze blew in from a half-opened window and fluttered some pages of a thick paperback. On the cover, the title 'Kokin Wakashu' was printed vertically in Kanji.
There were three people in a classroom of Sekisui High School. They had put two desks at the window and had been sitting on chairs surrounding the desks.

「じゃあ、次は二十四番がいいです」
 と、草間木葉は早口で言った。浮かれているのか慌てているのか、歌道部の活動をしている間の彼女はいつもこんな感じだ。 
「いいですよね?」
「伊達がよければ」
 と、歌道部の顧問である小瀬が答えた。伊達春明も、手元に目を落としたまま無言でうなずいた。

"Then, I would like to review No. 24 next," said Kusama Kanoha hastily. It was unclear whether she felt merry or flustered. Anyhow, when she is acting in the Tanka Poetry Club (TPC), she usually talks in such a tone.
"Is it ok?"
"If Haruaki doesn't mind," answered Mr. Oze. He is the teacher in charge of TPC. Date Haruaki nodded silently, casting his eyes down at the book.

「いきなり戻ったな」
 春明はページをめくって二四番の歌を探す。見つけ終わらないうちに、木葉が歌を読み上げだした。

ときはなる
松のみどりも
春くれば
今ひとしほの
色まさりけり

"How toward the beginning you went back!" muttered Haruaki. He turned over the pages and searched the poetry No. 24. Before he discovered it, Konoha started to read aloud.

Even though
evergreen pines
looked revived.
Spring recreates
the whole nature.

 いい声だ、と春明は思う。おそらく身内の贔屓目ではないのだろう。客観的に見ても、いい声のはずだ。一音一音がはっきりと発声されており、明らかに朗読に慣れた者の読み方だった。歌道部などという妙な部よりも、きっと演劇部か放送部のほうが似合う。

Haruaki felt Konoha had a good voice. It was probably not the favorable light by a club member. Looking at objectively, Konoha must have been a good reader, too. She could vocalize each syllable vividly. It was apparent that she was used to recitation of poems. The theatrical club or broadcasting one was well-matched for her rather than TPC, a strange, minor club.

ときはなる
松のみどりも
春くれば
今ひとしほの
色まさりけり

 もう一度、同じ歌が繰り返された。名調子を奏でる木葉の横顔を、春明は見つめた。
  小さな顔だった。ただし背も低いので、あまりスタイルがいいとは言えない。顔の各パーツも小ぢんまりとしていて、愛らしい耳が健気に眼鏡のツルを支えていた。

Even though
evergreen pines
looked revived.
Spring recreates
the whole nature.

Konoha repeated the same verse. She generated a rhythmic flow, and Haruaki stared at her profile.
She had a small face but also a short stature. So Konoha was not very good in shape. Each part of her face was compact, too. Tiny ears were suspending the temples of glasses.


【関連記事】