Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 87 なぜなぜ分析(アイデア大全)


「なぜなぜ分析」について解説した文章を取り上げます。
なぜなぜ分析とは、簡単に言ってしまうと1つの問題に対して「なぜ?」という問いを5回繰り返すことです。トヨタ生産方式の代表的な手法だとされています。



読書猿『アイデア大全』p106-107より

 ヒトは答えが得られそうになくても「なぜだ?」と問い、単なる偶然が引き起こした場合でも、「たまたまだ」「理由なんてない」という答えではなかなか満足しない。時には、ありもしない理由づけを欲しがり、得られると満足して問いを引っ込める。犯人探し、スケープゴート、……心当たりは多かろう。
 なぜなぜ分析の、見かけ上の容易さは、知りたがり+理由探したがりのヒトの性向に由来する。ヒトは物心ついた頃からずっと「なぜ?」と問い続ける。つまり誰もが日頃からやっていることなのだ。
 なぜなぜ分析の実行上の難しさも、またヒトの性向による。「なぜ」の答えが得られてもそこで留まらず、さらに問いを繰り返すのは、ヒトの性向に逆らうことだからだ。だからこそ、普通には行きつけないレベル、現象を表面的に撫でていただけでは至れなかった領域にまで我々を連れて行くことができる。

'Why?' human beings always ask themselves or others. Even though it is hard for them to obtain an answer, they don't stop seeking. Vague answers, such as, 'It happened by chance,' or 'There is no particular reason,' cannot satisfy humans. Sometimes they want to invent a nonexistent reason ground, and then they retract their question soon after succeeding in justification — for example, a witch trial, a scapegoat, and so on. Readers probably have experienced those cases more or less.
It is the properties of human beings that makes Five whys looks easy. Humans want to know new things and search for reasons by nature. They have asked all along, 'Why?' since they possessed consciousness. So, when they hear how to do Five whys, they despise it, 'Oh, what a child's play! Everyone regularly practices something like this.'
In fact, it is a little challenging to execute Five whys. People who try Five whys must repeatedly ask, 'Why?' even after getting a plausible answer. That opposes the tendency of humankind. After all, Five whys conforms to the quality of human beings in one way but goes against it in another way. Because this tool oversteps our thinking habit, it gives us a fresh idea that we never can draw from a superficial analysis.

※リーダビリティ・スコアは66。アプリ曰く14歳くらいから読める英文。


【雑感】
論旨の明快な文ですから、特に私があれこれと書き連ねる必要はないと思います。
人は「なぜ?」と問う力を持っている代わりに、一度得た答えに固執してしまうこともあります。「問うこと」は誰にでもできますが、「問い続けること」は難しいのですね。安易な答えにあぐらをかかないようにするため、無理やりにでも問いを重ね続けるのがなぜなぜ分析なのです。
(もちろんそれは読書猿さんの解釈であって、トヨタの中の人がどう考えているかは分かりませんが)