Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 77 ROOM NO.1301#3

【前置き】
12階までしかないはずのマンションに、なぜか「13階」がある。でも、その場所は誰にでも見えるわけじゃないし、誰でも入れるわけじゃない。どうやら、世間で「変」とされている少年少女ばかりが「13階」に引き寄せられているようだ。

……『ROOM NO.1301』の設定を乱暴にまとめると、以上のような感じです。これを頭の隅に置きながら読んでいただけると、以下の引用文がより理解しやすくなるのではないかと思います。


新井輝ROOM NO.1301#3』p139-141より

「このマンションからはいつか大人になって出て行かないといけないんだよ。そうじゃければ、ここにはもっとたくさんの人たちが住んでるはずだよ」
「……いつか大人になって出て行かないといけない」
 健一は言われて初めて、そんな可能性があることに気づいた。ここが何かなんてあまり真剣に考えたことはなかったし、なぜか住むようになったので気にもしていなかったが、いつか出て行かねばならない日が来るという考えには不思議な説得力があった。
 しかもそれは始まりと一緒で、突然で理不尽なものになる。そんな気がした。

"We'll have to mature and leave this apartment someday. It is impossible to live here for many years. If it's possible, there must be more residents now."
"...Will we have to leave here?"
Kenichi realized that the '13th floor' was just a temporary home for the first time. He had stayed this mysterious floor for some reason and had not thought seriously what this place was. However, he could accept the idea that he would have to leave here someday.
Besides, he had a presage that the day of departure would come suddenly and unreasonably as well as the occupancy.

「健ちゃんのおかげで私も大人になれるんじゃないかって思ってたけど、今日、やっぱりそんなに簡単なことじゃないんだなって感じたんだ。私はただ、健ちゃんに頼るようになってただけだった。それじゃダメなんだよね。それは大人になるってことじゃないよね」
「ここに住めなくなったって……綾さんがいて欲しいなら、一緒にいますよ」
「……そんなの無理だよ。今はそう思ってても、その時が来ればきっと無理だってわかる。それにやっぱり無理なんだって思う。健ちゃんだってきっとお母さんと同じように、私を重く辛く感じるようになる。それがわかってるから、私は健ちゃんのこと好きだなんて言えなかった。いつかお母さんに言われたみたいに……私の好きってこと否定されることになるから」

"I'd felt I would become an adult with your aid, but today I noticed it isn't so easy. I had only depended on you. That's no good. That's not to be grownup, you know."
"If you wish me to be with you, I'll do so. Even if we'll have to leave here..."
"...It'll be impossible. You think so presently, but you'll understand you can't live with me when the time comes. That's sure enough. You'll feel me troublesome and painful, as my mom did so. I'm awake to that, so I can't say I love you even once. I'm afraid you'll deny that my love is true...as mom did one day."

「そんなことないですよ。大丈夫ですよ」
 健一はそうは言ってみるが、綾はわっと涙を流して震え始める。
「だって違うんだから。私の好きは違うんだから。私の好きは普通と違うんだから。どんなに好きでもそれは違うから……否定されるんだよ」
「……そういうことなら、僕の好きだってきっと普通と違うと思います」
[中略]
「僕の好きも普通と違うんですよね。僕には自分の好きって何かわからないけど、でも周りの人と違うんだろうなあと感じてたんです。そうなんじゃないかと思ったんです」
「……うん。だって健ちゃんは特別だから」
「だから僕はここにいるし、綾さんとこうしてるんだなって。僕も先のことはわからないし、綾さんや僕にどれだけの時間が残されているのかも知りませんけど……信じてみませんか? 僕らの出会いは僕らが大人になるために必要なものだって」
[中略]
「というか、きっと本当に普通の好きなんて、どこにもないんじゃないかなって思うんです。普通っぽい人はたくさんいても普通の人っていないみたいに」
「そう、だよね」
「だから、自分の好きがどう普通じゃないかって知って、自分の好きな人の好きがどういうものかを知るってことが……大人になるってことなんじゃないですかね?」

"No, I won't. I never say such a thing."
Kenichi tried to encourage Aya, but she burst into tears and started shivering.
"Though you say so, I'm different from you. My way of love is different from yours, from all the usual ones. No matter how much I love you, my love is different from the usual ones...So I'll be denied in the end."
"...In that sense, my love must also be unusual."
[omit]
"My love is different from the usual ones. I don't know what my love is definitely, but anyhow I've felt it differs from others' way."
"...Yes. I think it is because you are special."
"No. I'm not special, just unusual. Because of that, I could move into the 13th floor and meet you. I appreciate fellows here ― Tokiya, Saeko, and you. Shall we believe that our encounters are necessary for us to be mature? Though I don't know what will happen in the future nor how much time we have..."
[omit]
"Ultimately, I think the usual love is nowhere in the world. There are many people likely usual, but no person is usual itself. We can imagine what 'usual' means, but it doesn't exist substantially."
"I see. Maybe you're right."
"Therefore...I think that two things are necessary to be mature. First, we have to be conscious of how our loves are biased. Second, we have to understand the way of love of people who we love. How do you think?"

※リーダビリティ・スコアは84。アプリ曰く11歳くらいから読める英文とのこと。


【雑感】
本当は省略せずにすべて引用したいのですが、一部を削ることにしました。

この場面が載っているのはシリーズ11巻のうちの3巻ですから、分量からいうとまだ序盤です。しかし、全巻を通して屈指の名場面だと思いますし、作品のテーマはすべてここに言い尽くされていると思います。