Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 67 チーズの悦楽十二カ月

本間るみ子『チーズの悦楽十二カ月』p5

 さて、チーズとワインの組み合わせについては、こうして体験的に教えられていくうちに、いくつかの原則が見えてきました。
 最大の原則はその人の好みです。こと食べ物については、好みが最優先でいっこうにかまわないと私は思っています。
 しかし、それに迷ったら同郷同士で組み合わせること。これが二つめの原則です。
 チーズもワインも、その土地土地の気候風土に大きな影響を受けながら作り上げられてきた農産物ですから、相性のいい相手は基本的にその同窓生の中にいるはず、と探してみてください。ただ、何事にも例外はあるもので、時として、遠く地球の裏側に最良のパートナーが見つかることもあります。それはまさしく人間世界の妙にも通じる楽しさを感じます。
 さらに三つめの原則は、チーズのタイプ別に相手の予測を立てることです。例えば、
・癖のない白かびチーズには、ボリューム感のある白ワイン、または赤ワイン
・スパイシーな青かびチーズには、とろりと甘口タイプのもの
インパクトのあるウォッシュ仕上げのチーズにも、ボリューム感のある白または赤ワイン
・個性的な山羊乳製チーズなら、酸味がしっかりとある白ワインか、果実味のある赤ワイン
 本書では、こういった基本のルールをベースにしながら、私の国内外での体験的データを加えたパートナー選びを紹介しています。しかし、日本で再現しようとするがゆえに物理的、金銭的な制約にあうこともありますし、個々の事例の中にはどうしても私自身、納得がいかず、伝統のセオリーにあえて別案を掲げてみたものもありますが、お気に召さない場合はこれも第一の原則、すなわち私の好みに戻ってしまっていると、ご容赦ください。

Accumulating my experience for a long time, I have discovered three principles of marriage between cheese and wine.
The most fundamental rule is to suit one's taste. I think it doesn't matter if you prioritize your taste in eating and drinking.
However, sometimes you hesitate over to choose. In that situation, you should try matching cheese and wine from the same province. It is the second principle.
Every dietary culture has been formed under the deep impact of the climate there. The same natural features influence both cheese and wine. Therefore, we can basically find the compatible partner for cheese from wine produced in the same area. However, there is an exception to every rule. I occasionally unravel that the best partner of particular cheese is the wine from the opposite side of the earth. It is similar to the fate of human connections, and I am interested in its mystery.
Besides, the third principle is to analyze the types of cheese. For example,
1. Bloomy rind cheese has a mild flavor, so it matches full-bodied wine. Both white wine and red are O.K.
2. Blue cheese had spicy flavor, so it matches sweet smooth wine.
3. Washed-rind cheese has strong taste and smell, so it also matches full-bodied wine.
4. Goat milk cheese has characteristic taste and smell, so it matches white wine with sufficiently acidic taste or fruity red wine.
In this book, I introduce the method of marriage with cheese and wine. It is based on the principles mentioned above and reflected in what I have experienced at home and abroad. However, when I try to reproduce the combination of European cheese and wine in my country, there are physical and monetary restrictions. Besides, in some cases, I'm unconvinced a traditional theory and dare to put forward a counter-proposal. If you find my ideas unsuitable, please interpret as I recurred the first principle, namely, to suit my liking. It would be best if you also created your combination according to your sense.

(Readability score: 66)


【雑感】
今回は次の基準で引用文を選びました。

  1. 小説以外の文章にする(気分転換したいから)
  2. 読みやすすぎる文章ではなく、少しは専門用語が出てくるものにする(訳しがいがあるから)
  3. 自分が興味を持てる分野の文章を選ぶ(言わずもがなの条件ですね。筆頭に置いてもいいくらいです)

2日に1回のペースだとちょっと楽すぎるので、翻訳練習の投稿は10日に6回を目安にしようと思います。
6/10と5/10は大して違わないじゃん、と思われるかもしれませんが、前者は後者の120%なんですよ。私はいまの自分より120%頑張るのです(笑)