Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 66 「いつか」は来ない


生徒への宿題として作った文章です。10代のころの私がこんなことを言われても「うるさいな」と思っただけでしょうが、年取るとおせっかいになるんですよね…(笑)

リーダビリティ・スコアは76でした。自作英文の最高記録を更新しました。


Do you have any dreams? You are young and full of boundless possibilities, so I want each of you to have your vision.
みなさんには夢がありますか? みなさんはまだ若く、可能性に満ちています。だから私はみなさんに夢を持ってほしいと思っています。

You might think I claim that you should have a big, honorable one; for example, to start up a company, be an influencer or professional athlete, and be a doctor who helps suffering people. However, I think 'dream' is not limited to such ones. I prefer that you try to do what suits you. Everything is proper for your dream as long as you can feel, "I'm exerting full of my possibility," by doing it. I believe it is a real dream for you.
夢というと、大きなもの、立派なものでなければいけないと思うかもしれません。例えば、新しい会社を作るとか、有名人やスポーツ選手になるとか、医者になって困っている人を助けるとか。しかし、私がここで言っている夢とは、そういうものに限りません。むしろ、立派な夢を目指すよりも自分に向いている夢を目指してほしいと思います。それをやっている間「自分の可能性を出しきっている」と思えることなら、何でもかまいません。それがあなたにとっての本当の夢ではないでしょうか。

Well, make a promise here. Now that you tackle what suits you, please start it today and do every day. If it profoundly suits you, it doesn't bother you. Conversely, something you can't do every day doesn't suit you, and it is not your real dream.
では、ここで一つ約束してください。向いていることをやるからには「今日から」「毎日」努力してください。本当に自分に向いていることなら、苦にならないはずです。逆に言えば、毎日やれないことはあなたに向いていないし、あなたの本当の夢ではないのだと思います。

Some people talk admirable dreams. They think their goals exist in the future, and they often say, "Someday I want to be…" or "Someday I want to do…" However, 'someday' will not come in most cases. You are only teenagers now, so you might not realize it, but everyone gets old in the twinkling. After growing up, you will be able to understand that 'someday' never comes. Nevertheless, dreamers say the same things, no matter how old they get ― namely, 'someday.' If you don't want to become like that, think seriously, "What suits me in the real sense?" and face it every day.
立派な夢を語る人たちは、夢が「未来」にあるものだと思っています。彼らはよく「いつか、ああなりたい」「いつか、こうしたい」と言います。しかし、多くの場合「いつか」は来ません。みなさんはまだ若いから実感できないかもしれませんが、人はあっと言う間に年を取ります。大人になれば「いつか」など来ないことが分かるでしょう。それでも彼らは何歳になっても同じことを言い続けるのです。「いつか、いつか」と。そうなりたくなければ、自分に本当に向いていることは何かと真剣に考え、毎日でも取り組んでください。