Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

中文50


少しずつ教科書の内容をアレンジできるようになってきましたが、語順がちょっと怪しいですね(笑)

你好大根。怎么了? 肚子疼了吗?
我想家了。
啊! 这么快啊! 还好几天呢。你是独生子吧?
不。我有妹妹叫四叶。我想念她。
「やあ大根。どうしたの? お腹が痛いの?」
「ホームシックなんだ」
「ええ? まだ何日もあるよ? 大根は一人っ子だっけ?」
「いや、四葉っていう妹がいる。妹が恋しいよ」

可是,弥兰为什么经常使大根登场?
弥兰多乖僻,从而他不够相识。
「だから Milinda はなんでいつも大根を登場させるのですか?」
「Milinda は偏屈なので、知り合いが少ないのです」

我知道这样不好。
空知道无用吧。你得改革具体什么个事物。
「こんなことではいけないと分かってはいるんです」
「分かるだけではダメだ。具体的な何かを変えないと」

以往没关系,练习了就好了。
過去は関係ない、練習すればいいんだよ。

你到栃木了吗?
もう栃木に着きましたか?

他昨天进飞岛村了。
彼は昨日、飛島村に行った。

我实在不生气了。
ぼくは本当に怒ってないよ。

他已经不打高尔夫了。那么非常的热心打着。
彼はもうゴルフをやめてしまった。あんなに熱心にやっていたのに。