Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 60 日本外史


いわゆる「観応の擾乱」の後半、足利尊氏足利直義の抗争の記述です。

 十月、直義、越前より走つて、鎌倉に赴く。尊氏、これを患[うれ]へ、乃[すなわ]ち赤松氏に因り、和を南朝に請ひ、義詮を留めて京師を守らしめて、自ら将として東伐す。遠江以東、尽[ことごと]く直義に附く。尊氏三千人を以て、薩埵山を保つ。直義、伊豆の府に陣し、上杉憲顕・石堂義房らを遣し、数十万に将として、尊氏を迎へ撃たしむ。十二月、宇都宮氏綱、下野の兵を発して尊氏に応じ、桃井直常利根川に遇ひ、戦つてこれに克ち、進んで足柄山の麓に至る。炬火、野に弥[わた]る。直義の兵、望見して輒[すなわ]ち潰ゆ。仁木義長、三百騎を以て追撃し、伊豆に至る。憲顕、信濃に走り、直義、義房と北条*1に匿[かく]る。尊氏、義長らを遣し、直義を執[とら]へしめて鎌倉に入る。基氏、切[しきり]にこれを救解す。聴かず。基氏、安房*2に出奔す。尊氏、人をしてこれを召還せしむ。幾[いくばく]もなくして、直義、暴[にわか]に卒す。尊氏、留つて関東を鎮む。

頼山陽日本外史』巻之七 足利氏正記 足利氏 上

岩波文庫版の中巻p37-38を参照した。

In October 1351, Ashikaga Tadayoshi moved from Echizen Province to Kamakura. Ashikaga Takauji, Tadayoshi's elder brother, feared him. Takauji asked Akamatsu Norisuke to mediate a reconciliation with the Southern Court. Besides, he ordered Yoshiakira, his first son, to defend Kyoto and administrated the army by himself to subdue Tadayoshi. Totoumi Province and eastward entirely complied with Tadayoshi. Takauji led 3000 warriors and took their position on the Mount Satta. Tadayoshi was in Izu. He gave hundreds of thousands of warriors to Uesugi Noriaki, Ishido Yoshifusa, and so on. Tadayoshi ordered them to engage Takauji. In December, Utsunomiya Hirotsuna marched off Shimotsuke Province and joined the Takauji's side. Hirotsuna met Momonoi Naotsune by Tone River. He beat Naotsune and advanced towards the bottom of Mount Ashigara. Hirotsuna's army made the numerous torchlights on the field. Tadayoshi's side saw the lights and crumbled with ease. Leading 300 of cavalry, Nikki Yoshinaga chased Tadayoshi and reached Izu. Uesugi Noriaki escaped to Shinano Province. Tadayoshi and Ishido Yoshifusa depended on Hojo Tokiyuki. Takauji sent out Yoshinaga and other commanders to find out Tadayoshi. Finally, They captured Tadayoshi. Takauji moved to Kamakura. Ashikaga Motouji, the second son of Takauji, repeatedly asked his father not to kill Tadayoshi. Takauji never accepted Motouji's petition. Therefore, Motouji ran away to Awa Province. Takauji sent a messenger and called Motouji back. Not long after that, Tadayoshi died suddenly. Takauji stayed Kamakura and suppressed the Kanto region.

(Readability score: 30)

【雑感】
みなさんは上の引用文を見てどのような印象を抱かれるでしょうか。大時代的な、読みにくい文章だと思われるでしょうか。実は、これはきわめて簡潔な文章です。修飾語が少なく「だれが(いつ・どこで)どうした」の羅列で書かれています。古くは『春秋左氏伝』や『史記』のころから、歴史書の書きぶりとはこういうものなのです。

簡潔である証拠に、英訳してみたらリーダビリティ・スコアが高くなりますよ……と思っていたのですが、ぶっちぎりの最低記録を叩き出してしまいましたね(笑) 英語辞書にない固有名詞の大乱舞だからでしょうか。文構造だけが読みやすさを規定するわけではなく、読み手側の知識も大事である(よく知らないことはどんなに簡潔な文で書かれていても読みにくい)ということなのかもしれませんね。考えてみれば当たり前の話ですが……。

*1:これを北条時行のことだと解釈したが、直義が本当に時行を頼ったのかは不明。

*2:Awa Province と書くだけだと、本当は安房国(千葉県)と阿波国徳島県)の区別がつかない。でも面倒なのでそのままにしてある。