Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 58 ROOM.NO.1301 #3


新井輝『ROOM.NO.1301#3』p136-137

「事故自体はまあ、そんなに大したことじゃなかったんだけどね。入院した時に、私がお母さんのことをお見舞いにもいけない娘だってことがわかっちゃったんだよね。私、気になることがあるとさ、そのままフラフラーって行っちゃうでしょ? だからお母さんのために病院に行こうとしても途中で忘れたりしたんだよね。それだけならまだいいんだけど、病院内でスケッチし始めたりね。それでお母さんは、もうダメだって思っちゃったみたい」
「そうだったんですか」
 健一は信じがたい話と思うが、でも今までの綾を思うと目に浮かぶような気がした。
「で、言われちゃったんだよね。私はお母さんのことを愛してないんだって。私はお母さんのこと好きだし愛してると思ってた。でも違うんだって……違うんだって言われたんだ」
 綾は笑ってはいたが、瞳に涙が溜まっていた。
「母親さえ愛せない人間なんだって」
「綾さん?」
「私は自分の母親さえ愛せない人間なんだって、そう言われたんだ」
「そんなことを……」
「私、作品を作ることでお母さんも喜んでくれてるって思ってた。でも私がこんな風だから、お母さんは苦しんでて、お父さんともケンカしてて……なのに私はケガをしたお母さんのために何にも出来なくて、だったら、こんな風になんか生まれてきたくなんてなかったのに……お母さんは泣くだけだったの」
 そう言う綾ももう泣くだけだった。健一に寄り掛かり、彼の胸にうずくまる。
「逃げてたんだ。私はお母さんやお父さんのことを全然見ないで、見たいものばかりを見て、お母さんがそんなに苦しんでるなんて知らなかった。でも知った後でも、やっぱりどうにもならないの。お母さんのこと愛してるはずなのに、お母さんを困らせることしかできない……だから私、家を出て……それでここを見つけたんだよ」

"The accident was not fatal, but it appeared that I'm defective. It was hard for me even to visit mom in the hospital. If I find something interesting, I'm attracted and pulled by it, you know? So, sometimes I couldn't reach the hospital. Besides, I forgot myself in sketching in the hospital even if I arrived there. Seeing such my state, my mother might have made the final judgment that I'm not usual."
"I didn't know that." Kenichi felt what Aya said was improbable. However, reviewing her behavior until now, he could visualize her talk.
"In the end, Mom said to me that I didn't love her. I had believed I loved her, but she said mine was not the love...she said I was not 'usual.'" Aya showed a smile, but tears are about to fall down from her eyes.
"I can't love even my mother."
"Aya? Calm down."
"A person who can't even one's mother is not 'usual.' She said so."
"Such a cruel thing..."
"I had been convinced without any doubt that I could delight mom if I made a masterpiece. However, she had been distressed for a long time because I'm not 'usual.' She often wrangled with dad because of me. Even though mom was injured by the car accident, I could do nothing for her. All she could do was just crying. Then, why is this the way I'm made? I wish I were a 'usual'..." Saying so, Aya could also only cry. She leaned on Kenichi and buried her face into his chest.
"I'd been just escaping. I looked at what I wanted to look at, but I didn't care about mom and dad. I had never known I was her pain. However, all is the same after I knew that. I must have loved her, but I troubled her finally...So I left my parents...I found this apartment."

(Readability score: 85)


【雑感】
蛍子の視点では、綾がずいぶん嫌な女性に見えます。何の苦労もせずに幼少期から芸術家として成功し、めちゃくちゃな人格なのに許され、おまけに最愛の弟を奪っていった!……という感じでしょうか。しかし、3巻のこの場面で綾の人生にも陰はあったのだと明かされます。

継続的にこのブログを読んでくださっている方(何人いるか分からないけど)はもうお気づきだと思いますが、私は本作のヒロインの中で桑畑綾が最も好きです。しかし、それは客体(相手役)として好きというより、主体(自分の分身)として好きなのかもしれません。
昨日の記事に書いたこととも関連しますが、私が桑畑綾の姿を書き留めることは、自画像を描くことに相当するのでしょう。