Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

Composition 56 ROOM.NO.1301 #3


新井輝『ROOM.NO.1301 #3』p128-129

「違うよ。私のせいだよ。ずっと逃げてきた報いを、私が受けただけだよ」
 綾はそう言うとゆっくりと立ち上がったようだった。そして健一が訳わからず見ている間に柵の方へと歩き始める。
「……綾さん?」
 健一はなんだか置いていかれていく*1不安に駆られて慌てて立ち上がる。すると綾はそれに気づいたのか振り返って、健一の方を見て笑った。
「健ちゃんのおかげで私はもう元気になれたんだよ。だから心配しないで」
「……でも」
「何があったのか知りたい?」
「知りたいです。もう話しても平気なら……ですけど」
 健一はそう言いながら、綾の表情が曇るのを見て取った。それは嫌がったと言うよりは、また何があったのかを思い出したからのようだった。
「帰りの電車でね、知らない人にオッパイを触られたの」
 綾の答えはひどく明快だった。
「……チカンですか」
「そう、それだけなんだけど、私はすごく気持ち悪くて、なんとか帰ってきたんだけど……力尽きて健ちゃんに助けられたってわけ」
 綾は笑ったが、やっぱりどこか寂しげに見えた。目が潤んでいた。涙が溜まっていた。
「私、胸を触られるのって気持ちいいものだって思ってたんだよね。自分で触っても気持ち良かったし、健ちゃんに触ってもらった時はもっと気持ち良かったから。でも、そういうことじゃないんだね。知らない人って怖いし、気持ち悪いんだなって。今日、やっとわかった」
「……綾さん」
 健一は笑いながらそんなことを言う綾に、悲しみが込み上げてくるのを感じる。彼女は笑っているがとても一緒に笑う気持ちにはなれなかった。
「なんであの人は私が気持ち悪いのに胸を触ったりしたのかな。気持ち悪いって悪いことだって私は思ってるのに……なんでなのかな?」
 そして健一はやっぱり自分のせいじゃないかと思う。彼女はお金もあるし移動にタクシーを使えばいいと自分で言っていた。でもそれは「普通」じゃないからと電車で移動するように言ったのは健一だった。綾がこんなにも「普通」じゃないのに、どうしてそんなことを言ったんだろう。健一はそう思うと自分の馬鹿さ加減を呪う。
「僕が馬鹿なこと言ったせいですよ。綾さんは自分の考え通り、タクシーで帰って来ればよかったんです。そうすれば、こんなことにはならなかったんです……」
「そうなのかな」

"No. It's due to me. I have been avoiding to adapt myself to the 'usual' people, but the time of retribution has come. That's all." Aya seemed to stand up slowly. While Kenichi was confused and just looking at her, she got closer to the roof's fence.
"...Aya?" Kenichi felt anxious as if Aya had left him behind. He stood up in a fluster. Aya noticed his expression, and she looked at him, smiling.
"You've restored me, so don't worry."
"But..."
"Do you want to know what happened to me?"
"Yes. If you don't mind, I wanna know." Answering so, Kenichi grasped Aya's gloomy look. She was willing to tell her experience, but it seemed hideous for her to remember it.
"A stranger touched my breasts in the return path train," Aya explained lucidly.
"...You were molested."
"Yes, that's all. You might think it was a trifle, but I took it venomous. I managed to go home. That was everything I could do...I got exhausted on the stairway, and you salvaged me." Aya forced a smile, but it looked fragile somehow. Her eyes were filled with tears.
"I had thought to touch on my breasts was the virtue, because it gave me pleasure. When I touched them by myself, I felt good. Besides, when you touched them, I felt much better. However, sometimes it gives another feeling to me. If a stranger touches my breasts, I feel horrified and nauseated. I finally got it today."
"...Aya."
While Kenichi was looking at her smile, sadness surged up his within his heart. He could hardly laugh off her talk.
"Though I felt bad, why that man touched me? I think that to be unpleasant is to be the vice...Why couldn't the man understand it?"
Kenichi realized he was responsible for that event. Aya had said she would have gone home by taxi. She is a successful artist, so the taxi fare is not expensive for her. However, Kenichi had advised her to use a train. He had thought a train had been more 'usual' than a taxi.
(How foolish I was!) Kenichi damned himself. (Why did I try to make Aya 'usual'? She is far from such a word.)
"Never mind. It was my fault. You should have gone home by taxi as you planed. If I hadn't said the stupid thing, you wouldn't have been exposed to such a situation..."
"I'm afraid it was my fault."

(Readability score: 86)

【雑感】
綾は「気持ちいいこと(のみ)がいいことである」という一貫した価値観の持ち主なので、それを表現するために virtue、vice という硬い言葉を使ってみました。

*1:「置いていかれていく」はおそらく校正のミスだが、そのまま載せることとする。