Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

Composition 53 木曽谷の証人

 サワラの樹林に踏み入ると、けたたましい啼き声を上げつつ、百舌が飛び立っていった。
 湿り気のある落葉土を踏みしめつつ*1、上松蔵人こと木曽九郎次郎義豊は、根元の差し渡しが三尺はある大木に近づいた。
 ふと傍らを見やると、雑木の小枝に腹を刺し貫かれたカナヘビが蠢いている。
 ――百舌に早贄にされたな。かわいそうに。
 その無骨な指で義豊が首を捻ると、カナヘビは四肢を硬直させ、やがて動かなくなった。
 カナヘビの死を確認した義豊は、続いてサワラの樹皮を剥がすと、その色を確かめた。すでにその眼差しは、小動物に対する哀れみを含んだものから、何かを専らとする者特有の厳しいものに変わっていた*2
 ――赤味が強い上、木理(もくり)が通直で、肌理(きめ)が緻密だ。
 サワラの灰褐色の樹皮は、赤味が強いほど柾目の密度が濃い良木とされる。
 義豊が幹を押すと、石のように硬い中にも、わずかな弾力が感じられる。
 ――この木は大通(おおどおし)によい。
 大通とは、城の天守や寺社の堂塔といった大型建築物に用いられる大通柱のことである。
 ――此奴らは、たとえ兄弟でも、それぞれの気質(かたぎ)が異なる。それを目利きし、それぞれに見合った役割を与えるのが、わしの仕事だ。
 木の質は、日照時間の違いや地下の湿り気の微妙な差異により、隣り合っている木でも異なる。それを伐採前から目利きし、建築物のいかなる箇所に用いるべきかあたり(゙・・・)をつけておくのが、杣頭(そまがしら)の仕事である。
 義豊は歴とした武士であったが、木曽谷では杣頭の役割も担っていた。というのも、農耕に適した広闊地の少ない木曽谷では、林業が産業の要であり、林業なくしては武士も民も食べていけないからである。

伊東潤『戦国鬼譚 惨』より 「木曽谷の証人」p9-10

Kiso Kurou-Jirou Yoshitoyo, commonly known as Agematsu Kuroudo, entered the woods of Sawara cypress. Soon after, a shrike took wing chirping noisily.
Stepping on the moist fallen leaves, Yoshitoyo approached a big Sawara tree. It is no less than three shakus (about 90 centimeters) that the diameter of its base amounts to.
Yoshitoyo casually looked aside. There was a lacertid pierced its body by the sharp twig. It was still breathing and wriggling.
――The shrike preyed this lacertid and stocked it here. What a pity.
Yoshitoyo determined to finish off the reptile to lessen its dying pain. He twisted the lacertid's head by his rugged fingers. It stiffened its limbs and stopped moving in the end.
After confirming the lacertid died, Yoshitoyo subsequently started evaluating Sawara cypresses. He peeled the tree bark and checked its color. He has not already expressed compassion to the small creature. It is the strictness of a specialist that his eyes show.
―― This bark has deep redness. The grain is straight, and the texture is compact.
Generally speaking, the redder a cypress's bark is, the more compact and straight the grain is.
Yoshitoyo tried to push the trunk. It was rigid like a stone, but he could felt slight elasticity.
―― This tree will become the right materials for Ou-Doshi.
Ou-Doshi means a big pillar used for monumental architecture such as a Japanese castle tower and a Buddhist Cathedral.
―― Though these trees are brothers, they have diverse characteristics with each other. It is my job that judges them and assigns the most suitable role.
The quality of one tree differs even from the next tree. The day length, the moisture degree of the soil, and other various conditions make the woods dissimilar. Yoshitoyo appraises each tree and arranges how to utilize them for a part of buildings. Such an occupation is called Soma-gashira.
Yoshitoyo is an authentic samurai but also plays the role of Soma-gashira. That is because Kiso Valley lacks flatlands desirable for farming. The primary industry is forestry here. Without participating in forestry, even samurai cannot live in this mountain solitude.

(Readability score: 59)

【雑感】
ライトノベルなら新井輝さんや中村九郎さん、現代文学なら保坂和志さん、歴史小説なら伊東潤さんの文章が好きです(あとはジャンル不明だけど古野まほろさんの『天帝』とか)。なので、今後はこれらの先生方を中心に訳していくかもしれません。

まあ、どうなるか分かりませんね。古典とか短歌も訳してみたいですし。他にもSFを訳すとか、海外小説の翻訳を再翻訳するとか……試してみたいことは山のようにあります。

*1:「~つつ」の連発は気になる。

*2:「もの、者、もの」の3連発は気になる。