Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 50 ROOM.NO 1301 #3


「書くことが楽しい」「書くことは人生だ」とアッパー系なことを言ってみたり、「他に何も楽しみがないから」と後ろ向きなことを言ったりしていますが、まあどちらも本当の動機だと思います。同じことの裏表なので、分ける必要もないかな、という結論に至りました。「収益化したい」というのも、もちろん本当の気持ちです。ただ、それが最大の動機ではないというだけで。

「大海君は傷ついたのかね?」
 やっと口を開いたと思ったら、刻也はさらに信じがたいことを言い出した。
「は?」
「絹川君と有馬君のことを知って、大海君は傷ついたのかね?」
「傷ついたに決まってるじゃない! 自分の彼氏がずっと浮気してたんだよ? 千夜子は自分のことをどうしたら好きになってくれるんだろうって悩んでたのに、それに対して大丈夫だって言いながら絹川は有馬冴子と……」
 ツバメはもう言葉を続けるのも嫌になり口をつぐんだ。それでしばらく間が空いたが、そこに刻也がさらに質問をぶつけてきた。
「大海君はそのことで傷ついたと君に言ったのかね?」
「確かに言いはしなかったけど……傷ついたに決まってるでしょ? 千夜子は優しい娘だもん。私に心配かけないようにって一人で全部のみ込んだに決まってる」
「……なるほど、そういう風には考えたことはなかったな」
 刻也はツバメの言い分を否定せず、それを受け入れたようだった。
「しかしそれは大海君が一人でのみ込める程度のことだったということではないだろうか?」
「さっきから八雲さんは何が言いたいんですか? だから許せって言うんですか? 絹川のしたことや、あの有馬冴子のことを?」
 ツバメは本当に頭が混乱するのを覚えた。自分だけ怒っているのがなんだかバカみたいに思えてきた。これだけ腹の立つことを平気な顔をして言ってのける刻也を見るにつけ、話す相手を間違ってしまったという思いがもたげてくる。
「有馬君のことはともかく、絹川君のことは許した方がいいのではないだろうか」
「……何ですか、それ? いい加減にしてくださいよ、本当」
「別に私はどっちでもいいが、君が大海君に友情を感じているならそうするべきだろう」
「だから、何ですか、それは?」
「大海君は許している。私が言いたいのはそのことだ。そして君の人物評が正しいとすれば、彼女は苦しみを乗り越えて、そうしたのだろう。なのに君が怒っていては、彼女にその苦しみを思いおこさせるだけではないだろうか。私はそう考えたのだが」

新井輝『ROOM.NO 1301 #3』p21-23

"Was Ms. Oumi hurt her feeling?"
After sinking into silence, Tokiya said the more impossible thing.
"What?"
"Knowing the relation between Mr. Kinugawa and Ms. Arima, was Ms. Oumi hurt her feeling?"
"Undoubtedly, she was! Her boyfriend had been in an affair all along. Can't you understand? Chiyako had been worried about how to make herself loved by Kinugawa. He told her that he loved her and was fully satisfied, but he became intimate with Arima Saeko..."
Tsubame shut up her mouth. She was so disgusted that she can't exclaim anymore. Then, after they kept quiet for a few seconds, Tokiya asked one more question.
"Did Ms. Oumi tell you that she was hurt because of that thing?"
"Surely, she didn't tell me so...but, she must have been hurt, of course. Use your common sense! Cuz Chiyako is thoughtful, she must have swallowed the negative emotion only by herself not to make me worried."
"...I see. I have not analyzed in your way."
Tokiya didn't deny what Tsubame said. He seemed to accept it.
"Approaching from a different angle, I think the negative emotion was less than Ms. Oumi's capacity so she could swallow it alone. How about my interpretation?"
"What have you been saying? Do you think I should forgive them? Forgive what Kinugawa did and that Arima Saeko?"
Tsubame realized that she was profoundly confused. Tokiya said such an insolent thing with a calm face. It seemed to be idiotic that only she was angry. She wondered if she had chosen a faulty person to speak.
"Setting Ms. Arima aside, I think you should forgive Mr. Kinugawa."
"...Why? What do you mean? Kidding is enough."
"I'm indifferent to whether you forgive her or not, but if you take Ms. Oumi as your best friend, you should forgive Mr. Kinugawa."
"So, why?"
"Ms. Oumi has already forgiven him. I want you to recognize that. You said Ms. Oumi is thoughtful. If your assessment of her is correct, she would have gotten over torment after long consideration. I'm afraid your angry makes her remember the pain of the past."

(Readability score: 72)

【雑感】
藤沢周平『夜消える』と同じように、翻訳することよりも原文を写すことのほうが勉強になりました。具体的には

・漢字とかなのバランス
話し言葉を書き言葉に落とし込む際、助詞をどの程度まで補うか

といったあたりです。

刻也が他人のことを「〇〇君」と言っている箇所は、最初「-kun」とそのまま書いていました。サブカルチャーの翻訳ではそうすることが多いと聞いていたからです。ただ、それでは著者の意図を伝えられないと思ったので「Mr.」「Ms.」に変えてみました。
ネット辞書には「kun」の説明として
"Appended to a young man's name or nickname to indicate familiarity."
と書いてあったのですが、刻也がそんな性格じゃないことは引用文を見るだけでも分かりますよね。むしろ極端なほど生真面目なキャラクターであって、どれだけよく知っている相手でも*1絶対に呼び捨てにすることはないのです。必ず「君」をつける、いや、つけてしまうのです。というわけで、この「君」は「Mr.」「Ms.」に近いと判断しました。

ちなみに『ROOM.NO 1301』はかつて一部のファンに人気のあったライトノベルです。一番エロいラノベじゃないかと言われていたんじゃよ。「#3」はシリーズの3巻を意味しています。説明を始めたら長くなってしまいそうなので、機会があったら別の記事で書こうと思います。

*1:かつての刻也にとって、絹川健一と有馬冴子は家族に準ずる存在だった。気になったら本編を読んでみてください。