Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 49 王将戦のインタビュー

この年齢まで第一線で続けてこられている理由はどの辺りだと分析されていますか?
やっぱり同世代に強い人たちがたくさんいたというのは大きな要因ではありますが、僕自身はまだまだ力を出し切れてないというのが、ずっと自分の心の中に残っています 。
僕自身、世間的に自分に対する棋士としての評価が、あまり高くないと思っているんですね 。結果を出さないことには認めてもらないので。例えば解説をしていても、僕が言ったことは、羽生さんや渡辺(明)さんが言ったことに比べたら、信用度がないわけですね。 それを僕自身も感じるわけです。でも僕が言っていることが正しいことは結構多いんだけど(笑)。勝たないと分かってもらえないわけです。認めてもらうには、実績を積み上げるしかないんですよ。 そういうフラストレーションはずっとあって。
一時期「分かる人に分かってもらえればいいや」なんて思っていたんですけど、そんな考えは甘くて。結果を残していかないと誰にも認めてもらえないわけです。だから王将戦についても、防衛できなかったので、そこまで認めてもらってはいないと思っていますね。 やっぱり4期5期と(王将位を)持っていれば、もうちょっと見方も 変わってくるんでしょうけどね。だから今は自分の力で、そういうのをねじ伏せていかなきゃいけないと思っているんです。

 郷田真隆へのインタビューから(2018年)

You have kept excellent performance as one of the top players until near fifty years old. How do you analyze the reason?

It is sure enough that I'm blessed with many rivals in the same generation. I could improve owing to the competition with them. However, I have harbored the regret that I haven't displayed the full of my ability.
I feel that Shogi fans don't highly estimate me. Unless I achieve some results, I can't get the evaluation. For example, when I'm commenting on a match, the fans don't trust my commentary very much. What I say has less confidence than what Mr. Habu or Mr. Watanabe says. Though my opinion is often correct, ha-ha. It has been my frustration for a long time. I need many more wins to make the fans rely on me.
In an age, I thought, "If I can get a few fans who can understand my style, it is enough." However, such an idea was too optimistic. A Shogi player who produces no results is appreciated by no one. Therefore, It is vexing that I could defend the Osho title last year. If I held Osho 4 or 5 seasons, the fans would appraise me more... No, a complaint is nothing helpful. Now I have to upset the low rating by myself.

(Readability score: 74)

タイトル挑戦に届きそうという感覚はご自身の中にありますか?
今期に関して言うと、王位戦は挑決まで行けたんですけど、大事なところで負けてしまったんですよね。大きな対局で結果を出せるというのは大変なことだと思っているので、総合的な 「棋力」と「気持ち」を両方上げることが必要なのかなと思い ます。
「気持ち」というところで言うと、昨年、王将リーグのインタビューで郷田(真隆九段)先生にお話を伺ったとき、前面にタイトルへの渇望を出されており、40代後半になっても衰えぬ気迫に圧倒されました。羽生先生も同様に、タイトルが欲しいという気持ちは強いですか?
そういう気持ちがなかったらすぐ落ちます(笑)。挑戦を目指す、タイトルを獲るという気持ちがなければ、王将リーグの残留すら難しいというのが現実です。
(中略)
あと年齢が上がってきたほうが切実さが増すというか、実感が増すというのがあります。たとえば20代のときだと、本当は無限じゃないんですけど「ずっとチャンスがあり続けるんだ」というような感覚を持って対局に臨めたんですよ。

 羽生善治へのインタビューから(2019年)

Do you have the solid sense that you can challenge a titled match?

This season, I could get through the final playoff. It is quite an important match to decide on a challenger, but I lost it. It is difficult to expend one's strength in a crucial game. I think I need to adjust my total power ― both 'skill' and 'spirit.'

Speaking of 'spirit,' when I interviewed Mr. Goda last year, he was full of craving for the title. His fight doesn't decline though he is around 50 years old. I could only admire his determination. Are you thirsty for getting the title as well as he, Mr. Habu?

Of course. If a shogi player loses such a backbone, he gets weaker and is defeated soon. Ha-ha. I can't stay behind the Osho league unless I target the title of Osho. It is just a fact in the Shogi world.
[omit]
Besides, the older I become, the more I realize the importance of one game. When I was young, ― for example, in the mid-twenties ― I felt, "My lifetime is infinite, so my chances of challenging the titles are infinite, too." However, it is not infinite in reality.

(Readability score: 74)

【雑感】
2つのインタビューを訳してみたのですが、リーダビリティ・スコアはまったく同じでした。「聞き取り文体」とでもいうものが共通しているからでしょうか。

インタビューの内容についてあれこれ語るのは蛇足だと思うので、控えます。原文からお二人の熱さを感じ取っていただければ幸いです。