Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 43


※作文練習です。2編の文章に繋がりはありません。

I wrote a few days ago, "I want to monetize my writing," but this blog never can occur the income. That is because I have not applied for any affiliate program. Then, what is the aim of this blog? It is only to train up my writing ability.

書くことを収益化したいとは言ったが、このブログ自体が収益になる可能性はゼロである。なぜならばアフィリエイトの申請をしていないからだ。ではなぜこのブログを書き続けるのかというと、技術練習のためだ。

Standard Score for Students (SSS) is an index to measure student's prominence in an achievement test. If we presume the distribution of an achievement test accords to the normal distribution, the people who mark 70 points at SSS are only 2.3% of a population.
On the other hand, that supposition leads to another conclusion. The people who mark 30 points at SSS must exist at the same rate as 70 points markers. So that means, 30 points markers are scarce ― they are also 2.3% of a population.
What's up with me? What am I going to say? Then, I think the students saying, "Study leads me nowhere because I'm stupid," are arrogant in a sense. At least in achievement tests, a person who can go nowhere despite one's endeavor seldom exists as well as a genius.
I wrote a few days ago, "Is schooling essential? If you are good at doing something, you should go out into the world and show your ability." Viewed from the opposite side, I also consider, "If you choose to go to school, study maximumly! The probability that your study ends in vain is too low."

偏差値70の人間は母集団の2.3%しか存在しない*1。得点分布が正規分布に従うと仮定する限り、そうなる。
ところが、その仮定はもう1つの結論を導く。偏差値70の人間と偏差値30の人間は同じ割合で存在することになるのである。つまり偏差値30の人間だって、母集団の2.3%しか存在しない非常に希少な存在であるはずなのだ。
いきなりこんな話をして、私は何が言いたいのか? 要するに「俺はバカだから勉強しても無駄です」なんていう考えはある意味で自惚れだ、と言いたい。天才が滅多にいないのと同じように、努力しても無駄な人間など滅多にいないのだ。少なくとも学力テストにおいては。
過去の記事に「学校に通うことに意味があるのかな。本当に得意なことがあるなら、さっさと社会に出れば?」とは書いたが、裏を返せばこうも考えている。「学校に通うという選択をするなら、せめて必死に勉強せよ。きみが努力しても無駄なほどのバカである確率は低すぎるほど低いのだから」と。

*1:偏差値を Standard Score for Students と訳し、略称をSSSとしたのは私の思いつきです。なかなか上手いでしょう?(自分で言うな)