Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 41


※作文練習です。2編の独立した文章で、直接的な繋がりはありません。
※半月ほど前に下書きした文章なので、現時点とは少し考えが違う部分もあります。

Grammarly often cautions me that l use wordy expressions.' Wordy' means to spend too many words on saying something easy. I introspected why my sentences are wordy and summarized in the three points:
First, l want to show off myself.
Second, I'm convinced that l look respectable if I use complicated phrases. In other words, l have caught Chuni-byo. It is a Japanese slung which describes the behavior of the youth around 14 years old. 'Chuni' means the second grade of junior high school.
Third, l have not recovered Chuni-byo completely.

私が書いた英文は、校正アプリに wordy と注意されることが多い。wordy とは、簡単に言えることに言葉数を費やしてしまうという意味だ。
なぜ自分の書いたものが wordy になるのか、と我が身を振り返ってみた。その結果を3点に要約する。
第一に、自分をよく見せたがっていること。
第二に、複雑な言い回しをすれば自分が立派に見えると思い込んでいたこと。要するに中二病だ。
第三に、自分はいまだに中二病から抜けきっていないということ。

Correcting applications are very convenient. They save a lot of time for English composition. However, I found two disadvantages.
First, they prevent me from making sentences by myself. I don't want to write faultless English, but I want to train my writing ability. It is the wrong result if I come not to compose self-made sentences but to depend on the applications.
Second, correction becomes neverending. It has been said, "correction takes us to the hell of uninterrupted suffering," since a long time ago.
The correcting applications not only take us to this hell but confine us there. If I spend too much time in English composition, I lack time to write my novel in my native tongue. It is also the wrong result.

英文校正アプリはとても便利なものだ。英作文にかかる時間をかなり節約してくれる。しかし、不利益もあることに気づいた。
第一に、自分の頭でセンテンスを組み立てなくなってしまうこと。私は間違いのない英語を書きたいわけではなくて、「書くこと」の訓練がしたいのだ。アプリに頼って自力で文章を考えなくなったら、本末転倒である。
第二に、推敲が終わらなくなること。昔から「推敲は無間地獄」という言葉はあるが、アプリは私たちを地獄に連れて行くどころか、地獄に閉じ込める。英作文に時間を取らすぎたら、母国語で小説を書く暇がなくなってしまう。これもまた本末転倒だ。