Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 39 此頃の富士の曙

心あらん人に見せたきは此頃の富士の曙。
午前六時過、試みに逗子の濱に立つて望め。眼前には水蒸氣渦まく相模灘を見む。灘の果には、水平線に沿ふてほの闇き藍色を見む。若し其北端に同じ藍色の富士を見ずば、諸君恐らくは足柄、箱根、伊豆の連山の其の藍色(らんしょく)一抹の中に潜むを知らざる可し*1
海も山も未だ睡れるなり。
唯一抹、薔薇(しょうび)色の光あり。富士の(いただき)()弓杖(ゆんづえ)(ばか)りにして、横に棚引く。寒を忍びて、暫く立ちて見よ。諸君は其薔薇色の光の、一秒々々富士の巓に向かつて這ひ下るを認む可し*2。丈、五尺、三尺、尺、而して寸。
富士は今睡りより醒めんとすなり。
今醒めぬ。見よ、嶺の東の一角、薔薇色になりしを。
請ふ瞬かずして見よ。今富士の巓にかゝりし紅霞は、見るが内に富士の暁闇を追ひ下ろしゆくなり*3。一分、――二分、――肩――胸。見よ、天邊に立つ珊瑚の富士を。桃色に匂ふ雪の膚、山は透き徹らむとすなり。
富士は薄紅に醒めぬ。請ふ目を下に移せ。紅霞は已に最も北なる大山の頭にかゝりぬ。早や足柄に及びぬ。箱根に移りぬ。見よ、闇を追ひ行く曙の足の迅さを。紅追ひ藍奔りて、伊豆の連山、已に桃色に染まりぬ。
(後略)

徳富蘆花『自然と人生』より「此頃の富士の曙」

If you have a sense of taste, look Mt. Fuji at dawn.
By a trial, go to Zushi Bay at six a.m. and watch the scenery. You can see billowing vapor above the Sea of Sagami close at hand. You can also see something dim indigo lies down along the horizon far away. It is a mountain range of Ashigara, Hakone, and Izu. However, in the predawn darkness, you can make out only the highest peak, namely, Fuji.
Both the sea and the mountain have not woken up yet.
Just a line of rosy ray appeared on the top of Fuji. It widened horizontally and slowly as if someone had climbed down Fuji leaning on a bow. Stand there and keep observation for a while. Though it is cold, bear it. You can soon find the rosy ray lighting up the shape of Fuji. It is emerging from the dark at the snail's pace.
Fuji is about to break the sleep and wake up.
Now Fuji woke up. Look at the east side of the top. The morning sun turned it rosy.
Please don't blink, keep watching. In a twinkle, the crimson haze drives away the darkness from Fuji's head to its foot. Look, Fuji has turned coral pink and rises to the sky. The perpetual snow glows pink, and it is transparent. It reminds me of the clear skin of a lady.
When Fuji turned light pink, it woke up entirely. Please look below. The crimson haze has reached the top of Ohyama, the northmost mountain in the range. Now it overlapped Ashigara. It touched Hakone. Know how fast the dawn dispels the night. Crimson chased, and indigo ran away. As a result, Izu Mountain Range turned pink wholly.

【雑感】
あらためて原文を写してみると、大昔に初めて読んだ時の印象とはまるで違いますね。同じ言葉が何度も出てくるので、あまり技術的な上手さは感じません。英訳のほうでもピンクピンクと連呼することになってしまいました。まあそれは原文のせいばかりではなく、私が上手く言い換えられないせいもありますが……。
もちろん徳富蘆花はわれわれよりも遥かに漢文のレトリックを知っていたでしょう。しかし引用文ではそれを前面に出してはいません。わざと隠して「語彙の少ない人が書いた素朴な感じ」を演出しているようにさえ思えます。
多くの人はこの文章を目にした時に「文語だ」と感じるでしょうが、本当の文語なら同じ表現の繰り返しを避けてもっと言い換えをしているはずです。おそらく当時の人は「話し言葉に近い、新しい文体だ」と感じていたのではないでしょうか。

*1:「暗いので富士しか見えない」というように意訳した。

*2:頂上から朝陽に照らされていったのか、それとも麓から照らされていったのか。よく分からないので「富士山の姿が照らされて浮かび上がる」という感じにしておいた。

*3:ということは、やはり頂上から照らされていったのか?