Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

Composition 36 ロクメンダイス、

一章 ぼくを表す暗号文――Se tgsk oy jok

 冒頭の一文を読むことで小説世界への扉が開く。
 ぼくは時々、別の世界を覗きこむようにしてしか、自分自身の状況を確認できなくなる。
 その時ぼくは、ぼくを確認するために周囲の世界を、小説を書くみたいに描写する。
 描写はできる限り質素である方が良い。
 季節は冬、天気は曇り、雑踏の街角。ぼくは十六歳の高校一年生、名前はハツ。
 それから、少女がいた*1。すれ違った。少女――もしかすると、今のが恋でしょうか。
 確信はない。ただいつもの通学路で、少女と、早足にすれ違った。足早、足早。
 ぼくが生きている社会はとてもせっかち。教室のスピードも尋常ではない。少し休憩しているとクラスメイトたちに置いていかれる。
 だからぼくはできるだけ質素な描写ですばやく社会との距離感を把握する必要に迫られる。
 ぼくには時間がない。やらなければならないことがたくさんある。なのに何一つ為せた例[ためし]がない。けれど焦っている暇はない。焦燥感に囚われる。
 ダメダメ。焦るだけ損。たちまち置いてきぼりにされる。急いで、急いで。
 しかしながら。ぼくはゆっくりと確認しないと、何もわからないっていうのに……。
 仕方なく、ぼくは質素な描写で必要なものだけを素早くつづる。
 だから見落とす。しばしば気づかない。ごめんなさい。謝る相手はどこにもいない。
 でもどうしてこんなことになったのだろう。せっかち過ぎて息苦しいよ。

中村九郎『ロクメンダイス、』p13-14


Chapter 1: A Cryptgraph Representing Me―Se tgsk oy jok

When we read the beginning sentence, we open the door of a novel's world.
Sometimes, I forget how to grasp the situation of myself. I come to do nothing but watching this world like another world.
In such cases, I describe the circumstance around me, as if I was writing a novel, to confirm myself.
The description should be as simple as possible.
Now it is winter. It is cloudy. I'm in the street corner crowded. I'm sixteen years old and a high school student in the first grade. My name is Hatsu.
Besides, there is a girl. She passed me. That girl―perhaps, this my emotion might be love.
I'm not sure that it's a love or not. I was on the customary route to school, and we just went across each other at a quick pace. At a smart pace, or at a brisk pace?
I'm living in a society which hurries me up. All teachers and classmates act too fast in the classroom. I feel their speed is unusual. I'm left behind while I'm resting.
Therefore I have to depict this world immediately, using only simple expressions. If I try complex ones, I can't measure the distance between society and me.
I don't have so much time. Though I have many things to do, I have never succeeded even once. However, the more flustered I am, the more time is lost.
No, no. Haste makes waste. I try to calm me down.
On the contrary, society requires me, "Hurry, hurry," although I can understand nothing out of my pace…….
Helplessly, I use the minimum locutions, and I portray only the necessary things as quickly as I can.
Still, I often miss some essential things. I'm sorry, but I don't know whom to apologize.
Why on earth am I in this way? Everything is too fast and stiff for me.

【雑感】
中村九郎ゼロ年代のごく短い期間にカルト的な人気を得ました。しかし、その後は10年ほどもプロ作家の世界から消えたままです。経歴だけをつぶさに見れば「センスはあっても大成しないまま終わってしまった作家」ということになるのでしょう。
ただ、彼の書いた文章を読むたびに思うのです。「この人は小説をしている」岡田暁生風)と。
……岡田暁生風の意味を説明するために、次は岡田氏の文章を取り上げてみたいと思います。

ちなみに『ロクメンダイス、』というタイトルは誤記ではありません。読点で終わっていますが、これが正式なタイトルです。この読点にどんな意図が込められているのかは分かりません。他の人の考察も目にしたことはありません。九郎さんにだけ分かる理由があるのでしょう。

*1:英文のほうでは現在時制にしてみた。