Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

Composition 33

 
  
※作文練習です。2編の独立した文章で、繋がりはありません。

I wrote yesterday, "I have no fun in my life except for writing training." Now I think it was an overstatement. I have another joy―a conversation with each student. The educational industry surely fits my personality. However, the fee I get is too cheap, and I cannot continue this job until I become a pensioner. It is not the mission of my life but just labor for my bread.
 
昨日の作文に「書くことの練習以外に楽しみがない」と記したが、それは少し言いすぎだったかもしれない。教え子と会話することだって楽しい。教育関係の仕事はきっと私に向いているのだろう。しかし単価は安いし、老人になるまで続けられるものでもないと思っている。あくまで食いつなぐための労働であって、自分が一生をかけてやりたいこととは違う。
 
I often said by students' parents, "We hope my child to get the reading ability. How should we do?"
I think students should understand Japanese grammar at first if they profoundly try to get the reading ability. It is a misunderstanding to make light of, "I don't have to study Japanese grammar. I have understood it enough because Japanese is my native tongue."
At least I want them to figure out the part of speech class. If students*1 cannot see the classification of words, they cannot grasp the subject and the predicate. If they cannot see what phrase is the subject and what phrase is the predicate, it makes no sense to think, "What is the message this author wants to tell us?"
 
子どもに読解力をつけさせたい、どうしたらいいか、と言ってくる親は多い。
本当に読解力をつけようとするなら、生徒はまず日本語の文法を理解するべきだと思う。母国語だから文法は学ばなくていい、と舐めるのは間違いだ。
 せめて品詞分類くらいは分かってほしい。そうでなければ主語と述語が掴めるはずはないし、どれが主語でどれが述語かも分からなければ「筆者が何を伝えたいのか」などと考えたって無駄である。

*1:最初はここも they と書いていたが、誰を指すか不明瞭だとアプリに言われた。