Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

Composition 31

※作文練習です。各パラグラフに繋がりはありません。

I dislike the word called 'effort.' I think it is a club to hit others. Some people like to pound a failure by this stick, saying, "You lost because you hadn't made efforts." I prefer to use the word 'preparation' rather than 'effort.' Yoda Tsuyoshi, the manager of Chunichi Dragons, also said so in an interview. I'm going to train up my writing ability every day to prepare for the coming opportunity.

私は「努力」という言葉が苦手だ。あれは他人を叩くための棍棒だと思う。世の中には「お前の努力が足りないから敗者になったのだ」と言いながら失敗した人を叩くのが大好きな人はいるものだ。私は「努力」より「準備」と言うようにしたい。中日の与田剛監督も、とあるインタビューで同じことを言っていた。来るべき機会への準備として、日々、文章力を磨き続けたいと思う。

One day my biological father told me, "When I was in youth, I had no fun. I didn't want to live anymore, so I studied crazily to death from overwork. As a result, I could get a higher education, ha-ha!" I don't know he was joking or not. If his story is real, now I can understand his thought vaguely. I have nothing enjoyable except for writing training. Anyhow, my life is worthless. I hope to die from overdoing my only comfort.

昔、父が言っていた。「青春時代には楽しいことが何もなくて、これ以上生きていたくないと思った。だから過労死するつもりで勉強したんだ。そしたら高学歴になれちゃったんだよ、はっはっは」と。冗談だったのかどうかは分からない。仮にそれが実話だったとして、いまの私には何となく気持ちが分かる。私には書くことの練習以外の楽しみが何もない。どうせ価値のない命なら、ただ一つの楽しみで寿命を縮めたいものだ。

I want to monetize my writing. What is the measure? No idea. Previously, I administrated another blog for the affiliate but failed in the end. Nowadays, I want to be a novelist, but I may not be fit for it if a novelist means storyteller. So I have no substantial plan. However, I'd like to monetize in some form. To be more precise, I will acquire the skill that readers pay for voluntarily. My purpose is not money itself, but income by my technique.

私は「書くこと」を収益化したいと思っている。形態は分からない。以前は別のブログでアフィリエイトをやろうとして失敗した。現在、口では小説家になりたいと言っているが、おそらく向いていない(小説家というのがストーリーテラーのことだとするならば)。だから具体的な計画はまったくないが、とにかく収益化はしたいと思っている。より正確に言うなら、お金を取っても罰が当たらないくらいの技術を身につけたい。お金そのものではなく「技術でお金をもらうこと」が目標だ。