Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

Composition 30 適性がないと言う前に


I like Shogi, also called Japanese Chess, but I'm poor at playing it. Specifically, I'm evenly-matched with the seventh kyu grade of Piyo Shogi, the Shogi application for smartphones. Besides, I can only solve three of ten Tsume problems (chess problems of Shogi) in five moves, though I'm confident in solving ones in three moves.

私は将棋が好きだが、不得意だ。具体的に言うとぴよ将棋の7級*1と互角くらいだ。詰将棋なら3手詰は自信があるが、5手詰になると10問中3問くらいしか自力で解けない。

I quitted playing Shogi many times, thinking that I didn't have an aptitude for Shogi. I decided to do what suited me well instead of Shogi, but I restarted it every time. This unmanly attitude might be the cause of why I have stayed in kyu grades for a long time.

昔から「自分には将棋の適性がないのだからやめよう。代わりにもっと適性があることをやろう」と思って何度も将棋をやめ、何度も再開してきた。そんな中途半端な姿勢だからいつまでも級位者のままなのかもしれない。

However, I had a little different feeling after I played Piyo Shogi a few days ago. Though my performance showed any progress, I considered, "I don't have to label myself as incompetence at Shogi."

ただ、先日久しぶりにぴよ将棋をやった時には少し感じ方が変わっていた。相変わらず7級といい勝負で、棋力には何の進歩もなかったのだが、「自分には適性がないなどと決めつける必要はない」と思えたのだ。

What gave me that idea? Maybe it is concerned with my experience of writing in foreign languages. I exercise composing in English and Chinese every day. I can make English sentences freely to a certain extent because I have already mastered foundational English grammar. On the other hand, I'm not fluent in writing Chinese. I can only arrange the passages in the textbook just a little. I have not understood Chinese grammar enough nor memorized Pinyin, the romanization system for Chinese letters. At this stage, I don't have to sigh, such as, "I'm not gifted at Chinese." It is clear-cut that I have plenty of room for improvement.

なぜそう思ったのだろうか。おそらく外国語で作文練習した経験が関係している。私は毎日、英語と中国語で作文の練習をしている。英語はある程度まで自由に文を作れる。なぜならば基礎的な文法はすでにマスターしているからだ。一方、中国語ではそうはいかない。教科書の文を少し改変するのが精一杯だ。文法をまだ十分に理解していないし、ピンイン、つまり漢字をアルファベットで表記するときの約束事も覚えていないせいである。とはいえ、現段階で「自分には中国語の才能がない」などと落ち込む必要はまったくない。まだまだ改善の余地があることは明らかなのだから。

I noticed that Chinese and Shogi are in the same case. I have not learned both Joseki(the standard moves) and Tesuji(the combinations of moves) sufficiently. They correspond to grammar and vocabulary at studying a foreign language. At such a stage, it is too early to be worried, "I ought to explore the aim of each move by myself," or "I don't have a talent for Shogi."

将棋の場合もそれと同じではないかと気づいたのだ。私はまだ定跡も手筋も大して覚えていない。語学において文法や単語を覚えていないのと似たようなものだ。そんな段階で「一手一手の意味を考える力が……」とか「自分には将棋の才能が……」とか悩んでみたって、早すぎるというものだろう。

*1:英語版ウィキペディアに「kyu」という言葉が載っていたため seventh kyu grade と表記した。