Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

Composition 26 天帝のはしたなき果実

(前略)音楽室から零れる短調の濡れた調べ。
 ぽん、ぽろろ、ぽろろ、ぽろろろろん――
 それは、水灯りに遊ぶ天の川の鷺のようでもあり。
 それは、黄丹灯[オレンジ]に浮かぶ夜の飛行機のようでもあり。
 それは、旅立ちに煙るモネの『聖羅紗路駅』[ガール・サン・ラザール]のようでもあり。
 逸る気持ちで階段を登る。引き戸を開けるとそこには峰葉詩織がいた。感傷に傾いていた弱音は時折混ざるグリッサンドとともに強奏になり、決然と転調し――朝靄のなかを疾駆する少年のように、海に放られた昨日のびいどろ玉のように、青々と輝いて終曲した。
 ふたりの教室に僕の拍手が鳴る。彼女は顔を上げた。
「いつからいたの?」
「ほぼ最初から、だと思う」僕は第二ボタンのあたりを握り締めた。「震えた。何て曲?」
「当ててみて」
「でも聴いたことない――ショパンみたいに濡れてるけど」
「あなたが標題をつけるとしたら」
「それなら」即答する。「『旅立ち』だ」
「それなら」彼女は鍵盤を閉じる。「『旅立ち』よ」
「ほんとの正解は?」
「そんなのいらない。あたしが書いた無題曲だから」

古野まほろ『天帝のはしたなき果実』p465-466

※なお私が持っているのは講談社ノベルス版である。

(参考)


A minor tune heard from our music room, and it made me feel wet.
Popping, plunking, plunking, strumming―
It made me imagine an egret playing in the Milky Way, in the faint reflection.
It made me associate an airplane in the night sky, brightened up by orange light.
It made me remember Monet's Gare Saint-Lazare. I felt as if I had to leave on a journey this morning, and I stood on the platform of Saint-Lazare station, surrounded by the smoke of a steam locomotive.
I went up the stairs with impatience and opened the door. Mineha Shiori was playing the piano in the music room. The sound changed from sentimental piano to forte with fitful glissando, and the melody modulated decisively―it made me visualize a boy running in the morning mist or a glass bead thrown away to the sea yesterday; To sum up, I felt the lush shine. And then, the music finished at last.
No one was there except two of us. My clap echoed in the room. Shiori looked at me and asked, "When did you start listening to my play?"
"I think mostly from the beginning." I gripped a part of my school uniform around my chest. "Your performance was so amazing that I can't say anything. What's the title?"
"Take a guess."
"I have no clue―but I felt wet when I heard it as well as I had heard Chopin."
"How do you entitle it?"
"In that case," I came back immediately. "Departure."
"If you titled so," She closed the keyboard lid. "it is Departure."
"Tell me the correct answer."
"I don't know such a thing. It is the untitled music I composed."


【雑感】
『天帝』はすごく長い作品だし、内容にも尖った個性があります。私も読みきるまでに苦労しました。ただ、この作品が好きか嫌いかと言われたら大好きだと答えます。推理小説に詳しくないのでトリックの良し悪しは判断できませんが、青春小説として好き、という感じです。
その青春小説としての特徴がよく表れた場面を訳してみました。音楽用語の解釈が正しくできているか等々の不安もありますし、一部の箇所は意訳が過ぎるかもしれませんが、自分なりに納得できるところまで考え抜けたとは思います。