Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 23 先生方のおかげです


95% of my English consists of what I learned in my school days of six years. Many industrious teachers had given me the basic knowledge of English grammar, and owing to that, I could start the training of English composition when I made up my mind. I can never appreciate their lectures enough.

私の英語の95パーセントは、中学・高校の6年間に学んだことでできている。英作文の練習をしたいと思い立った時にすぐ始められたのも、熱意ある多くの先生方に基礎を授けていただいたおかげだ。先生方のご指導には感謝してもしきれない。

One day, an English teacher asked us, "Do you know the longest English words?" No one in our class could answer. She said, "All right. I show you the answer." and began to write something on a chalkboard. When her hand stopped, there was a crazily long word on the board; pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconiosis. "This is one word. It means a kind of lung disease caused by volcanic dust," she explained.
Why did she ask such a question? Maybe she wanted to tell us, "You can memorize no matter what words if you review it repeatedly."

お世話になった先生方の一人が、ある日こう言った。
「英語で最も長い単語を知っていますか?」
答えられる者はいなかった。
「正解はこれです」
と言って、先生は黒板に何かを書き始めた。手が止まった時には、ふざけた長さの単語が書き出されていた。
「これで一つの単語です。火山灰による塵肺という意味です」
と先生は説明した。
なぜ先生は私たちにそんな質問をしたのだろうか? もしかしたら「繰り返せばどんな単語も覚えられるんだ」と伝えたかったのかもしれない。

Another day, another teacher also asked us, "Do you know the longest English words?" I can't recall who of us answered this question, but I remember the teacher's explanation very well. He said, "The right answer is 'smiles' because there is one 'mile' between two letters of s." Maybe he wanted us to understand that foreign cultures have a sense of humor as well as ours.

別のある日、また別の先生が言った。
「英語で最も長い単語を知っているか?」
私たちのうち誰が答えたのかは覚えていないが、その後の先生の解説はよく覚えている。
「正解は smiles だ。なぜなら、2つの s の間に mile がある、つまり2つの s が1マイルも離れていることになるからだ」
もしかしたら先生は、どの国の文化にもユーモアがあるのだということを伝えたかったのかもしれない。