Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

Composition 22

I often think about the end of my life. Of course, I have not been so-called dotard yet, and I don't have the fatal disease now. However, my youth ran out a long time ago, and I have already passed the halfway mark of my life. They often say, "We are given 30,000 days in my life," or "A young man is the sun at eight o'clock a.m," but my left time is probably less than 10,000 days, and I am the sun in the afternoon at present.
I will hardly become what the world calls 'success' in the future, but at least I'm going to bring all my possibilities out before I die. If I do so, I will not regret on my deathbed.

最近、人生の終わりをよく意識する。もちろん私はまだ老人という歳ではないし、大きな病気もしていない。しかし、もう若くはないのは確かで、人生の折り返し地点を過ぎてしまったのも確かだ。人生は3万日あるとか、青年は午前8時の太陽*1だとかいうが、私に残された時間は1万日もないだろうし、いまの私は午後の太陽なのだ。
私がこれから世間でいう「成功者」になることは望むべくもないだろうが、せめて自分が持っている可能性をすべて発揮したいとは思っている。そうすれば死ぬ時に後悔がないはずだからである。

*1:英文のほうでは the sun を a sun にしろとアプリが言ってくる。しかし a sun は明らかな間違いではないか?