Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 17 テニス部プリンセス

「フォーティラブ、麻生薔子」
 審判が薔子の三ポイント先取を告げる。
 一方的な試合に、相手選手はこわばった表情をしている。一ポイントさえ取ることができないのである。格の違いを見せつけられ、どうしていいかわからなくなっているのだ。
 だが、それ以上に怖い表情を浮かべているのが薔子だった。アマチュアのトーナメントなのだが、試合に命さえ懸けそうな真剣な様子だ。
 きりりと唇を引き結び、柳眉を逆立てている*1。キラキラと輝く黒い瞳は、まっすぐに相手選手へと向けられていた*2
 怜悧な美貌を引き立てているのは、バランスの取れたプロポーションだ。白いワンピースタイプのテニスウェアを着て、流れるロングヘア―をポニーテールにしている。Vの字にえぐれた胸もとから、熱帯の果実のように美しく実った乳房のふくらみがかすかにのぞく。
わかつきひかる『テニス部プリンセス』p7-8

"Aso Shoko scored. Forty, love."
The referee called out that Shoko took a lead of three points.
The opponent had not gotten even one point, and all she could do was make a stiff face. She had no idea how she contended against Shoko because Shoko showed off her overwhelming competitiveness.
However, Shoko was not bloated at all. She looked grimmer than her competitor. They played on an amateur tournament, but Shoko looked too much severe. She seemed to be capable of staking her life on this game.
Her lip closed in a straight line, and she frowned. She was squarely glaring the contender with her black pupils.
Shoko's face is bright and beautiful, but that's not all of her characteristics. She has a well-proportioned body, too. Her breasts are plump and shaped like tropical fruits, and they peeped out just a little from V-neck of the tennis wear. The color of the wear was white, and it is a kind of one-piece type. Besides, she has shiny, sleek hair, and then she tied up ponytail.

【一口感想】翻訳練習の栄えある(?)第1号は、以前の記事でも扱ったわかつきひかる先生です。官能小説なのでヒロインの魅力が強調されております。引用部の後半、薔子の外見を描写するくだりでは、記述の順番を少し変えて訳してみました。

*1:これにピッタリの表現が分からなかった。とりあえず frown(眉をひそめる)と訳す。

*2:glare の一語で「にらむ」「ぎらぎら輝く」という意味があるらしいので、訳に用いた。