Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

Composition 16 小説の翻訳について


I'm going to translate some passages of novels and publish them on this blog, for my training. All the books I chose are written in Japanese. I will rewrite them into English.
I consider that this training doesn't violate the copyrights of the authors. My action meets the definition of quotation enacted by Copyright Law in Japan.
I focus on two requirements, which can be the point at issue; main purpose and correct range.

練習の一環として小説を翻訳し、このブログに掲載しようと思っている。すべて「和→英」の翻訳である。
私の解釈によると、この行為は著作権侵害に当たらない。なぜならば、著作権法に定められた「引用」の定義を満たしているからだ。
争点になりそうな2つの要件に絞って、私の考えを述べる。

The first one is the requirement of the 'main purpose.' As I have stated in several articles, the ultimate goal of my training is developing my writing technique in my native language, Japanese. I practice composition in foreign languages for this purpose, though you regard it as a detour. It is a part of the training for me to translate Japanese novels into English. Because I have such a motive, it is apparent that my primary objective is not to introduce others' works but to improve my writing ability. Therefore, I conclude that my action satisfies the requirement of the main purpose.

第一に「主従関係」について。過去の記事にも書いたように、私の最終的な目的は母国語の文章力を上げることである。回り道のように見えるかもしれないが、そのために外国語で作文の練習をしている。日本語の小説を英語に翻訳するのも、練習メニューの1つだ。このような動機があるわけだから、私の主目的が自らの文章力を向上させることであって、他人の作品を紹介することでないのは明白だ。よって、目的の主従関係という要件は満たしていると考える。

The second one is the requirement of the 'correct range.' Although I say translation, I will not bring very long sentences. I don't have a linguistic faculty to translate a whole book. I will publish one or two paragraphs at one time, at most one page of a paperback. Besides, I'm not going to bring a particular novel continuously, but I will pick up a few parts of various books. Hence, I conceive that my quotation is within the correct range quantitively.

第二に「正当な範囲内の引用」か否かについて。翻訳といっても、私はそれほど長い文章を訳すつもりではない。私の語学力では本をまるまる1冊翻訳してアップすることなど無理だ。1つの記事に載せるのは、せいぜい1段落から2段落で、長くても文庫本換算で1ページくらいだろう。それに、1つの小説を継続的に訳し続けるわけでもない。色々な本の一節をつまみ食いするように訳していくつもりだ。よって、私の引用は量的にみて正当な範囲内に収まっていると考える。