Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

Composition 14 間主観性と物象化


When I was young, I was taught by a certain philosopher, in a certain university. He often used an abstruse term, 'intersubjectivity.' At that time, I didn't figure out its meaning very well, and I guess that other students were in the same case.
Now I read again the book written by my master a few pages a day, and I think the meaning of intersubjectivity. I try to explain it as below:
Shortly, intersubjectivity means that 'we' exist before 'I' am constructed. We think in daily life that the concepts of 'individual' and 'subject' are a prioi. However, they might not be axiomatic. Something like 'our collective consciousness' is previously, and 'I' am sensed when my recognition doesn't accord with others.' Advocates of intersubjectivity speculate so.

若い頃、とある大学でとある哲学者に教えを受けた。師はよく「間主観性」という難解な用語を口にした。私には意味がよく分からなかったし、おそらく他の学生も同じだったろう。
今ごろになって師の著書をゆっくりと読み直し、間主観性の意味について考えている。それについて自分なりにまとめてみよう。
間主観性とは要するに、「我」よりも「我々」が先にあるということだ。私たちは日ごろ、「個人」とか「主体」という概念を自明のものだと思っている。しかし、実は自明ではないのかもしれない。「我々の意識」というものが先にあって、たまたま自分と他人の認識が食い違っていた時にだけ「我」が意識されるのではないか。間主観性論者は、そのように思索している。

My master also often used a term, reification, which is hard to understand, too. It is originally the keyword of Marxism that means social relations are perceived as inherent attributes or the relationships of commodities.
Whereas, it seems that my master applies this word in his book in a little different sense; people perceive that something exists in reality, though it is just an idea in our consciousness. To sum up, it is like the realism of metaphysics against nominalism.

さらに師は「物象化」という言葉もよく使った。これまた難解だ。もともとはマルクス主義の用語で「社会関係が生得的な属性と信じられること、またその社会関係が商品と商品の関係として現れること」を意味するらしい。
しかし師の著書を読んでいると、少し違う意味でこの言葉を用いているようだ。どうも師は「本来は人間の意識の中にしか存在しないものが『実在』であると信じられること」を指して物象化と言っているらしい。要するに唯名論実在論の対立における後者のような意味だ。