Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

Composition 11


Nagase Takuya is a player of Japanese chess. He is one of the most competent players now. One day he said as below in an interview. (I cite it after removing a question by an interviewer.)

It is to breathe or to live for me to make an effort. It is just a habit, so it doesn't need the force of will.
On the other hand, I think to show 'guts' is to hold out forcibly. It makes us too much tense and increases our mental damage if we fail. However, we need guts when we want to achieve a result in a short period. I wonder if 'effort' is the antonym of 'guts' rather than the synonym.

永瀬拓矢は、現時点で最も力のある棋士の一人です。彼はある時のインタビューで次のように語っています(途中にインタビュアーの質問が挟まっていますが、カットして引用します)。

自分にとっての努力とは「息をすること。生きること」です。
「根性」は無理をして踏ん張ることだと思っています。踏ん張ると危ないんですよね。転んだときに痛い。ただ短期的に結果をださなければいけないときは、根性が必要になると思います。努力と根性は、セットではなく対比するものかもしれませ んね。

※もちろん日本語のほうがインタビュー原文です。英文のほうは意訳したり勝手に言葉を足したりしています。


Fujii Takeshi is a player of Japanese chess. Many fans respect him because he has pursued Shikenbisha throughout his career. Shikenbisha is one of the strategies of Japanese chess, and Fujii loves it. At the end of the ’90s, he invented a crucially unique approach that reconstructed the standard of Shikenbisha. This approach was named the Fujii System after him.
Let's read a part of the note that expresses his spirit well.

I have determined that I never lose the do-or-die game since I was a teenager. Although my playing style and thought have changed entirely, this determination is unchanging.
Of course, the world of Japanese chess is severe. No one can win just because of a resolution. I think, however, a player who doesn't have a resolution can't survive in this world. We should have a decision to win; nevertheless, it is vague and impudent at first.
Self-confidence enables us to make a decision. Then, what gives us confidence? Nothing gives it to us. Each player must believe oneself by oneself. I learned this law while I was struggling to be a professional player.
I will continue my pursuit with self-confidence, till the moment I leave the stage of professional.

棋士藤井猛は多くのファンに尊敬されています。なぜなら棋士人生を通して四間飛車の研究を続けてきたからです。四間飛車は将棋の戦型の一つで、藤井はこれを愛しています。1990年代の終わりに、彼は極めてユニークな戦法を編み出し、四間飛車の常識を覆しました。この戦法は彼の名を取って藤井システムと呼ばれています。
藤井の心意気がよく表れた手記を読んでみましょう。

ここ一番には必ず勝つーこの頃(引用者注:奨励会時代)と今とでは、将棋の内容も考え方も随分変わったが、この決心だけは持ち続けている。決心をしたからと言ってその通りになるわけではない。初めは漠然とした図々しい決心だった。決心を可能にするのは自信だ。奨励会を通じて分かったことだ。そして、その自信をもたらすのは何か。すべては自分の中にある。
私は自分を信じて研究を続ける。プロである限りずっと。

※これももちろん日本語のほうが手記の原文です。英文のほうには言葉を付け足しているし、かなり私の解釈が交じっています。