Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

自分用メモ16


【私はなぜミリンダと名乗っているのか】

What gave me the name of Milinda?
You must be a wise reader, so you may recall “Milinda Panha” that is one of the Buddhist texts, or Mirin Dajo who was reputed to be an immortal man.
However they don't relate to my name.

私はなぜミリンダと名乗っているのでしょうか?
賢明な読者は仏典の『ミリンダ王の問い』や、不死身の男と呼ばれたミリン・ダヨを思い出すかもしれません。しかし、それらは私の名前にあまり関係はありません。

Milinda is an abbreviation of “Mili-Index”.
I intended to bear that name at first, but I shortened it to Milinda. I was afraid the former would sound strange, and the latter seemed better to me.

ミリンダとは「ミリ・インデックス」の略です。私は初めそう名乗るつもりでしたが、縮めてミリンダにしました。ミリ・インデックスでは語呂が悪い気がするし、ミリンダの方がましに思えたからです。

Then, what does Mili-Index mean? It was derived from "one thousandth of Index".

ではミリ・インデックスとはどういう意味でしょうか? その由来は「インデックスの千分の一」です。

Index is a young nun who plays an important role in “A Certain Magical Index” that is a famous light novel series published with Dengeki Bunko.
She can remember what she experiences perfectly by nature, so she was forced to memorize 103,000 grimoires.

インデックスとは『とある魔術の禁書目録』の登場人物です。彼女は作中において一〇三〇〇〇冊の書物を暗記したことになっています。

On reflection, I don’t have a superhuman memory. It is beyond my capacity to do as well as she.
However I think that it might be possible to come up to one thousandth of her if I continue to work hard throughout my life.

私には超人的な記憶力があるわけではないので、とてもインデックスの真似はできません。しかし彼女の千分の一に達することなら、生涯をかければ何とか可能かもしれないと思います。

Of course one thousandth of 103,000 is 103. That is to say, I aim to master 103 books though I cannot recall totally.

一〇三〇〇〇の千分の一は、もちろん一〇三です。
つまり私の目標は一〇三冊の本の内容をマスターすることです(完全記憶は無理にしても)。

I hit on the name “Mili-Index” for that reason.
If I can complete "My Index" of 103 significant books by my last moment, there is no greater hapiness than this.

そんなわけで「ミリ・インデックス」という名前を思いつきました。
自分が死ぬ時までに「我が一〇三冊の愛読書目録」を確定させられたら、これに勝る幸せはありません。

By the way, A Certain Magical Index is an exceedingly long series. I’ve read only first volume (Oops).

ちなみに『とある魔術の禁書目録』はとても長いシリーズですが、最初の一冊しか読んでいません(ぉぃ)