Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

自分用メモ11


Once there was a fiction writer named Ayagami Tatsuki (綾守竜樹). All his works are categorized pornography, and published with Nijigen Dream Novels that is a minor label and looked down on.

Therefore he is obscure, but I like to read his books. He had an unbelievably large vocabulary and a great command of rhetorical devices.

It is said that pornographic writers had better use stereotyped expressions, because readers don't require them to write literary sentences nor to show unprecedented figure.

However, Ayagami gave full swing to his talent of composition without spoiling "utility" of his works as porn. It must be a highly rare example.

I feel certain that his writing ability is comparable to "general" novelists who publish their books with non-pornographic labels. Ayagami's work have been my "reference point" of my reading life as well as Boogiepop by Kadono Kohei.

かつて綾守竜樹という作家がいた。その作品は全て官能小説であり、二次元ドリームノベルズから出ている。このレーベルはマイナーであり、世間での地位も低い。
したがって綾守は無名であるが、私はその作品を愛読している。彼は信じられないほどに豊富な語彙を持ち、レトリックを縦横に使いこなしていた。
一般的に、官能小説は紋切り型で書くのがいいと言われる。読者は文学的な文章や新奇な比喩を求めているわけではないからだ。
だが綾守はその文才を存分に発揮しつつ、作品から官能小説としての「実用性」を失わなかった。稀有のことと言わねばならない。
私は綾守の文章力が「一般」小説の書き手に劣らないものと確信している。彼の作品は私の読書人生における「基準作」である。ちょうど上遠野浩平ブギーポップと同じように。