Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

自分用メモ9


A long time ago, the nobility and Buddhist priests kept their diary in Classical Chinese. It would be English that corresponds to it today, and so I'm going to write a diary in English occasionally.

かつて日本の貴族や僧侶は漢文で日記を書いた。
今日の我々にとって漢文にあたるものは英語だろう。よって、私は(たまに)英語で日記を書こうと思う。