Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

自分用メモ4


日本語の難しい文章を文節レベルまでバラして読むのと同じように、英語も1語ずつ愚直に読んでいけばいいのかもしれない。
日本語の「文節」という概念は、他言語の「語」に相当するらしいし。

今はプロジェクト・グーテンベルクで『自負と偏見』を少しずつ読んでいるところ。根気がいつまで続くかは知らない。
プロジェクト・グーテンベルクとは、要するに世界規模の青空文庫です)