Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

見る気なかったけどブギーポップ見ちゃった



タイトルの通りです。


私は中高生の頃にブギーポップの直撃を受けた世代でして、(途中で10年くらい離れていた時期もあるけど)上遠野浩平の大ファンです。
しかし、別にいまやってるブギーポップのアニメを見る気はありませんでした。

あまり出来に期待していないから、というのもありますが、そもそもアニメを見ること自体が大好きではないからです(大好きではないけど、ちょっと好き)。
「映像をじっと鑑賞する」ことがそんなに得意ではないのだと思います。スポーツ中継のように、もうちょっと直接的なスリルのある番組が好きです。


まあ、それはともかくとして。
見る気はなかったんだけど、ニコニコでもアベマでも見られるから、つい見ちゃったんですよ。何の気なしに。たぶん、放送大学のテスト勉強から逃げたかったんでしょう(笑)


見てみたら意外と良かったです。原作未読の人にどう見えるのかは分かりませんが、私は一応、楽しめました。

特に、新刻のデザインや声は良かったと思います。ほぼ自分のイメージ通りです。それだけでだいたい満足できます。


もちろん、気になるところを挙げたらキリがありません。例えば

  • エコーズがイケメンすぎる(飴屋ことペイパーカットにデザインを似せた結果?)
  • ブギーポップのトレードマークである「口笛」がなぜなくなっているのか?
  • 竹田視点のパートではもっとモノローグを使うべきだったのでは?
  • 木村の存在が消されたせいで、紙木城がただの正統派ヒロインになっている。
  • 織機の髪型がイメージと違いすぎ。

等々は、原作のファンなら少なからぬ違和感を覚えるところでしょう。


でもま、文句を言いたくなったら新刻の可愛さを思い出せ。
動く新刻を見られたんだから、すべて許せるだろ?
冒頭に言ったように、俺はそんなにたくさんアニメ見たことないから、作画の良し悪しとか分からないしさ。新刻が動いてるだけで満足なんだよ。


(あとは新刻ファンがクダを巻き続けるだけになりそうなので、ここで終わります)