Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

自作品

Composition 90 都市的な盆踊りとしての郡上踊り

曽我孝司『郡上踊りと白鳥踊り』p60-61 「郡上踊り」に先祖供養の宗教的な色彩が見いだされないのは逆説的ではあるが、郡上一円に根付く浄土真宗の宗教的風土が影響していると思われる。 (中略)「南無阿弥陀仏」の念仏を称えることは現世に生きる者が阿弥…

Composition 89 古典和歌解読

小松英雄『古典和歌解読』 p1「本書で導かれる主な帰結」より 『古今和歌集』は叙情詩としての和歌の確立であった。それは、『万葉集』の短歌の外形を継承して、言語の線条を仮名の線条に転換し、表現を重層化することによって達成された。短歌を和歌に変容…

Composition 88 自作品(古今和歌集もあるよ)

いま書いている小説の一部を翻訳してみました。「日本語→英語→日本語」と移し変えたほうが、悪いところを見つけやすい気がするからです。過去の記事にもあったように、ジャンルはラノベ・学園・ラブコメです。 短歌はいつも通りに音節数を「3・4・3・4・4」…