Milindaの書斎

母国語と外国語を行ったり来たりしながら、自分なりに「書くこと」を追求したいと思います。

中国語

中文175

九千九百一十天后,我死。开始了倒数余剩的人生,已经九十天经过了。 9910日後、私は死ぬ。残りの人生をカウントダウンし始めてから、すでに90日が過ぎた。一百二十二天后,我的理想结业一个阶段。不过,我还没上来具体的行动。敢于举举,市场活动的学习吧,…

中文174

九千九百一十一天后,我死。 9911日後、私は死ぬ。“可是九千九百一十一这数是素数吗?” “不。这个数有三个素因数,十一,十七,五十三。” 「ところで9911という数は素数ですか?」 「いいえ、3つの素因数を持っています。11、17、53です」一百二十三天后,我…

中文173

九千九百一十二天后,我死。 9912日後、私は死ぬ。一百二十四天后,我的理想止。 124日後、私の夢は終わる。多治见市的酒吧家家都很有特色。 多治見市のバーは一軒ごとに特色がある。多治见是日本新首都,这里的模型商店家家都很有特色。 多治見市は日本の新…

中文172

九千九百一十三天后,我死。 9913日後に私は死ぬ。一百二十五天后,我的理想完。不是放弃而是产出什么作品。 125日後に私の夢は終わる。といっても諦めるということではなく、何らかのアウトプットをするということだが。总之,前提和梗概的制法我该学习吗?…

中文171

我的人生只剩九千九百一十四天了。 私の人生は9914日しか残っていない。一百二十六天后,我的理想终止。 126日後に私の夢は終わる。哥哥躺在床上看电视呢。 兄はベッドに寝転がってテレビを見ているよ。工藤公康坐在椅子上同时看六架电视呢。 工藤公康はイス…

中文170

不说九千九百一十五天后,马上死。 9915日後と言わず、いま死ね。从现在到死期倒数是太长了,可能缺乏具体性(姑且那个继续)。重新自己理想的其限定在明年三月三十一号。余剩的日期是一百二十七天。 死ぬまでの日数は長すぎ、具体性に欠けたかもしれない(…

中文169

九千九百一十六天后,我死。 9916日後、私は死ぬ。本来我非常怠惰,就我必要每天对自身嘱咐:“人生有限,我早晚死。” 我是笨蛋,就不能想出其他的做法。如果读者诸位知道更好的办法,希望多多指教。 もともと怠惰な性格なので、自分に毎日「人生は有限だ、自…

中文168

我假定了自己的人生只剩一万天。已经余生九千九百一十七天了。 私は残りの人生が10000日しかないと仮定した。いまの残りは9917日だ。向来三个月左右我在心自己死的期日,不过那个我该重新考虑吗? 世人们没有那样的事就好像能努力。因为我的意志特别软弱,就…

中文167

九千九百一十八天后,我死。 9918日後に私は死ぬ。我假定了自己的人生只剩一万天。结果,我断绝散漫网络冲浪。不过那个好像不充分。还不达到寻常的努力。为更认真地生活,我要做什么? 下次我该设定时间极限在自己的理想吧?或者,不光向上自己,我应该打算…

中文166

我有命运九千九百一十九天后完。可是九千九百一十九这数是素数吗? 私の命運は9919日後に尽きる。ところで9919という数は素数ですか?九千九百一十九不是素数。那个数有三个因子,就是说七,十三,一百零九。 9919は素数ではなく、3つの素因数を持ちます。つ…

中文165

九千九百二十天后,我死。假定了我的人生只剩一万天以后,已经八十天过了。 9920日後に私は死ぬ。残りの人生が10000日しかないと仮定してから、すでに80日が過ぎた。彩霞是一下课就去打工。 かすみは授業が終わるとすぐアルバイトに行く。 →「一〜就……」で「…

中文164

我的人生只剩九千九百二十一天了。 私の人生はあと9921日しか残っていない。景小姐说了:“家里一枝花也没有,这是怎么回事呢?” 景さんは言った。「家の中に一輪の花もないなんて、これは一体どういうこと?」在群青市天堂家很有名,连学龄前的孩子都知道。 …

中文163

九千九百二十二天后,我死。总之我想生活得认真。 9922後に私は死ぬ。とにかく真剣に生きたいものだ。大街小巷,到处飘荡着奶奶讲的那种山区腔调。原来这是她的故乡。 街の至る所から、祖母が話していたあの山国訛りが聞こえてくる。それもそのはず、ここは…

中文162

我有命运九千九百二十三天后。可是,九千九百二十三这数是素数吗? 私の命運は9923日後に尽きる。ところで9923という数は素数ですか?彩霞背头发散下来,好像老实了。 かすみは髪を下ろし、大人しそうに見えた。信徒们围起了一个圈儿。 信徒たちはぐるりと輪…

中文161

九千九百二十四天后,我死。我想一天一天地生活得认真。 9924日後に私は死ぬ。1日1日を真剣に生きたいと思っている。 →「〜地」と「〜得」って同時に使っていいのかな。前にも同じ疑問を抱いた気がするけど、解決できてないです笑先念课文,然后再把它翻译成…

中文159

我有命运九千九百二十六天后完。 私の命運は9926日後に尽きる。你应该先听取别人的意见再做决定。 きみはまず他人の意見を聞いてから決定するべきだ。卯月跟彩霞说了:“先别着急,再好好儿找找吧。” 卯月はかすみに言った。まず落ち着いて、それからしっかり…

中文158

我的人生只剩九千九百二十七天了。 私の人生は9927日しか残されていない。鬣狗们听见铃铛的声音,就不敢侵犯了。 ハイエナたちには鈴の音が聞こえるので、あえて襲っては来なかった。冱冬知道仁爱木叶,就不敢靠近他。 冴冬は仁が木葉のことを好きだと知って…

中文157

我有命运九千九百二十八天后完的。 私の命運は9928日後に尽きる。昨天全家人又聊起了这个话题。 昨日、家族全員でまたもその話題について話した。上周文艺部员们都聚会,商量了谁就任下次的部长。 先週、文芸部の部員全員で集まり、誰が次の部長になるかを話…

中文156

我的人生只剩九千九百二十九天了。很久以前,在中国个伟人说道:“少年易老学难成,一寸光阴不可轻。” 可是,在日本据说朱熹做了这字眼,不过最近研究阐明着那个只是世俗之说。也许这字眼不有在中国吗?这被创作了在日本吗?私の人生はあと9929日しかない。昔…

中文155

九千九百三十天后,我死。假定了自己的人生只剩一万天以后,已经七十天过了。 9930日後に私は死ぬ。残りの人生が10000日しかないと仮定してから、すでに70日が過ぎた。如果你打算永远不死,散漫地过日子了就好了。 もしきみが永遠に死なないと思っているのな…

中文154

我的死期九千九百三十一天后到来。余生逐步地减少。 私の死期は9931日後に来る。残りの時間は着々と減っている。小濑老师又接着说道:“下次什么歌也不许忘记!” 小瀬先生はさらに続けて言った。「次はどの歌も忘れず覚えてこい!」长城的总长度21196公里,故…

中文153

我的人生只剩九千九百三十二天了。 私の人生は9932日しか残っていない。最近他被免去了处长职务。 最近、彼は部長の任務を解かれてしまった。 →「去」は補語。听说一个月前文艺部长退去退去了学校。 聞くところによると、文芸部の部長は1ヶ月前に学校を辞め…

中文152

九千九百三十三天后,我死。因为一天一天地生得认真,我假定了那样。 9933日後に、私は死ぬ。一日一日を真剣に生きるために、そう仮定した。 →「~地」と「~得」って一緒に使ってもいいのかな?在这儿吃还是带走? ここで食べますか、それとも持ち帰ります…

中文151

我有命运九千九百三十四天后完的。 私の命運は9934日後に尽きる。 →この「的」ってあったほうがいいのかな。由于一边开车一边打电话,酿成了这次车祸。 運転しながら電話をかけたことが、今回の自動車事故を引き起こしてしまった。由于春明不懂他人的痛苦,…

中文150

我的人生只剩九千九百三十五天了。我想完全燃烧。 私の人生は9935日しか残っていない。完全燃焼したい。妹妹见到什么要什么。 妹は目にしたものを何でも欲しがる。木叶什么短歌春明做的夸奖什么。 木葉は春明の作った短歌なら何でも褒める。 →語順が不安。你…

中文149

我的人生只剩九千九百三十六天了。 私の人生は9936日しか残っていない。由于我认识了很多短歌朋友,我的做歌水平也提高了不少。 多くの短歌仲間と知り合ったので、私の作歌のレベルもぐんと向上した。由于我解开了很多将死棋局问题,我的日本将其水平提高了…

中文148

有命运九千九百三十七天后完。 (私の)命運は9937日後に尽きる。 →主語「我」を省略しても通じるのだろうか。そもそも動詞が「完」でいいのかもよく分かっていないのだが。七八年后,老天爷又跟杨阿姨开个玩笑。1966年夏,文化革命爆发。 7、8年後、天はま…

中文147

九千九百三十八天后,我必死。今天我能发挥了自己的可能性吗? 9938日後、私はきっと死んでいる。今日の私は自分の可能性を引き出すことができたか?看开点儿,没什么大不了的! 心を広く持って、大したことじゃないよ!把衣服晾开点儿,干得快。 服を少し離…

中文146

我的人生只剩九千九百三十九天。开始了计数剩余的命运以后,两个月经过了。 私の人生は9939日しか残っていない。残りの日数を数え始めてから2ヶ月が経った。 →「〜してから」というのは「〜以后」より「从〜」のほうがいいんですかね。春明缺乏警惕了:“不就…

中文145

我的人生只剩九千九百四十天了。 私の人生は9940日しか残っていない。有一天,学校大门墙上贴出了一张海报。 ある日、学校の正門の壁に1枚のポスターが貼り出された。这一年杏子又熟了。有一天,奶奶正在做饭,忽然听见有孩子在哭。 その年もアンズの実が熟…