Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

2020-09-10から1日間の記事一覧

Composition 89 古典和歌解読

小松英雄『古典和歌解読』 p1「本書で導かれる主な帰結」より 『古今和歌集』は叙情詩としての和歌の確立であった。それは、『万葉集』の短歌の外形を継承して、言語の線条を仮名の線条に転換し、表現を重層化することによって達成された。短歌を和歌に変容…

自分用メモ41 短歌・歌謡関係の本

読んだ本の内容をメモしておきます。少し専門的な本なので、私にも読み解けていない箇所があるかもしれません。この続きを読み進められる方はご了承ください。 小松英雄『古典和歌解読』 宮内仁『日本の木遣唄』 関連記事 小松英雄『古典和歌解読』 本書の最…

中文95

我只有九千九百九十日,或者二十三万九千七百六十个小时,或者八亿六千三百十三万六千秒。 私に残された時間は9990日、あるいは239,760時間、あるいは863,136,000秒です。冱冬说得很冷漠:“一本一本的书都过期了。" 冴冬はとても冷淡に言った。「どの本も返…