Milindaの書斎

読んだこと、考えたことなどを書き留めます。外国語はたまに。

2020-05-31から1日間の記事一覧

自分用メモ15

枕草子の二十二段より。 騒がしう、時めかしき所に、打ち古めきたる人の、己が徒然と、暇、有るままに、昔覚えて、異なる事無き歌、詠みして、致せたる(は凄まじ)。 【私なりに意訳】 仕事が上手くいってて人との縁にも恵まれている者のところに、昔ちょっ…